ヴェゼル納車は2022年?!「納期遅れ」頻発の訳

ジムニーにハリアー…納期遅延はなぜ起こる

この記事の画像を見る(25枚)

最近のホンダには、似たような売り方が多い。軽自動車のスポーツカー「S660」は、2021年3月に特別仕様車の「モデューロXバージョンZ」を発売すると同時に、「S660の生産は2022年(来年)3月で終了する」と発表した。

購入希望のユーザーは「生産終了が2022年3月なら、半年前の2021年9月頃に契約すれば十分間に合う」と考えただろう。ところがS660は生産規模が小さいから、生産終了が明かされた2021年3月の時点で、販売店では「納期はノーマルグレードが10月末、モデューロXバージョンZはそれ以降」と案内していた。

さらに3月下旬に改めて問い合わせると、「2022年3月までの生産枠はノーマルグレード、モデューロXバージョンZともにすべて埋まり、もはや新車では購入できない」といわれる始末。

S660最後の特別仕様車「Modulo X Version Z」(写真:本田技研工業)

ホンダは2021年5月末日といった期限を決めて受注を行い、それまでに注文したユーザーには、責任を持って生産・販売すべきだったのではないだろうか。

このほか、ホンダのスーパースポーツカー「NSX」について販売店は、「生産規模が小さく、納車は短くても注文から1年半、長ければ2年以上になる。お客様に迷惑をかけるので、販売会社のホームページにはNSXの情報を掲載していない」という。たしかにNSXは、メーカーのホームページには掲載されるが、販売会社の車種ラインナップからは省かれている。

また「シビックタイプR」は、抽選で販売してユーザーから批判されたことがあるが、販売店からは「多数の業者が申し込んでプレミアム価格の中古車が出まわり、本当にほしいお客様には行きわたらなかった」という話を聞いた。

以上のように、ホンダは優れた商品を開発するものの、納期の遅延などによって購入しにくい状況となることも多い。特にヴェゼルのような求めやすい車種は、納期が長引くと多くのユーザーを困惑させる。

納期が長いといえばジムニーも……

ユーザーを待たせる車種として、軽自動車で悪路向けSUVのスズキ「ジムニー」と、その登録車(普通車)版の「ジムニーシエラ」も挙げられる。

1.5リッターエンジンを搭載するジムニーシエラ(写真:スズキ)

両車は2018年7月に発売され、その直後に納期が最長1年半まで遅延した。発売から約3年を経過した2021年4月時点でも、納期は縮まっていない。

販売店では「ジムニーの納期は、シエラも含めて今でも約1年と長い。発売当初に比べると生産規模を増やしたが、縮まっていない」という。

次ページ現在の月間届け出は4倍の約4600台に
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT