「ジムニー」発売2年半を過ぎても絶好調の訳

生産体制を増強し「最大1年」もの納期に対応

好調な販売が続く「ジムニー」(写真:スズキ)

スズキ「ジムニー」の販売好調が続いている。2018年7月5日に20年ぶりとなるフルモデルチェンジで、4代目となる現行モデルが登場。日本国内向けには軽自動車の「ジムニー」と、1.5リッターエンジンを搭載する「ジムニーシエラ」があるが、ともによく売れている。

ジムニーの2020年12月までの登録台数の推移を見てみると、月2000台前半~3000台中盤をコンスタントに維持していたが、2020年5月の緊急事態宣言が明けた後では、3000台超えが続き、9月には過去最大の4704台を記録している。その後も月販4000台レベルで、順調に推移している状況だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

この点について、スズキは「ジムニーを生産する(静岡県)湖西工場で、さらなる生産増に向けた生産ラインの一部改良を行ったこともあり、生産台数が増え、直近での登録(届け出)車数も増えた」と説明する。

また、ジムニーシエラのほうも、2020年7月に過去最高の2099台(前年同月比337.5%)と好調で、販売台数ランキングでは28位にランクイン。これは。マツダの全SUV(CX-3、CX-30、CX-5、CX-8)を上回る順位だ。(日本自動車販売協会連合会調べ)

通年(2020年1~12月)では1万6603台(153.3%)となり、スズキ「クロスビー」、スバル「レヴォーグ」、そして日産「リーフ」よりも上位の39位につけている。

1.5リッターエンジンを積み登録車となる「ジムニーシエラ」(写真:スズキ)

一般的に新型車が発売されると、発売後半年から1年ほどで既存顧客の買換え需要が一巡することで、販売台数は安定から低下へと向かう。こうしたいわゆる“新車効果”と呼ばれるものが、ジムニーには通用しないようなのだ。

その背景には、いったい何があるのだろうか。

唯一無二の商品性

まずは、4代目ジムニーユーザーの内訳から見てみる。購買数が多い、いわゆるボリュームゾーンは、ジムニーでは40~50代の男性、またジムニーシエラではさらに年齢が上がって50~60代の男性だ。

男女比については、ジムニーで約7対3、またジムニーシエラでは約8対2となっており、スズキは「先代モデルと比べて女性ユーザーが増加している」と指摘する。

次ページSUVシフトのトレンドも後押し
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT