スズキ「ジムニー」刷新が20年ぶりだった事情

世界のプロも御用達、「本格」4WDの実力とは

スズキはロングセラーの本格軽4WD「ジムニー」を20年ぶりに全面刷新して、7月5日に国内で発売した(撮影:尾形文繁)

丸形ランプにタフなスクエアボディ。世界最小クラスの本格4WD(4輪駆動車)が実に20年ぶりに新たな姿を見せた。

スズキが「ジムニー」とあわせて発売した小型4WDの「ジムニーシエラ」(撮影:尾形文繁)

スズキは7月5日、山岳地帯など悪路の走行を得意とする4WDの軽自動車「ジムニー」と1.5リットルエンジンを搭載した4WDの小型自動車「ジムニーシエラ」を国内で発売した。同日開いた発表会で鈴木俊宏社長は「ジムニーは日本が世界に誇れる唯一無二のコンパクト4WDだ」と強調し、その仕上がりに自信を示した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

ジムニーは1970年に初代が発売され今回で4代目となる、半世紀の歴史を持つロングセラー車だ。強靭なフレームなど伝統の基本構造を継承し、悪路での走破性を一段と進化させたほか、衝突防止など最新の安全技術も新たに装備した。

価格はジムニーが145万8000~184万1400円、ジムニーシエラが176万0400~201万9600円(税込み)。いずれも5速MT(手動変速機)と4速AT(自動変速機)を設定。駆動はパートタイム4WDで、路面状況に応じ、オンロードでは後輪駆動の2WD、悪路や登坂路では4WD(高速または低速)といった選択が可能だ。年間の国内販売目標はジムニーが1万5000台、ジムニーシエラが1200台。

高い走破性能はプロのお墨付き

特長は、小さくても屈強なボディを持ちどんな悪路でも走破できる、まさに“プロユース”のオフロード車であるということだ。実際、世界中のプロに愛用されている。豪州では広大な農場でピックアップとして利用され、欧州ではハンターや森林保全関係者が使用している。また日本でも狭い道を走る林業や山岳、豪雪地帯などで活躍。またそうした過酷な地域に住んでいる日常生活者の足としてもニーズを満たしてきた。雪道や凸凹道も走れることから災害時にも強く、消防専用車や砂漠仕様などの特別車も見られる。

新型ジムニーのトランクルーム。プロはもちろんのこと、一般ユーザーがアウトドアで使うことも想定している(撮影:尾形文繁)

開発責任者の米澤宏之チーフエンジニアは、「スズキといえばジムニーとされるほど愛されてきた車で、普通の車とは違う特別な思いがある」と話す。そのうえで、今回の新型ジムニーも「とにかくプロユーザーをメインターゲットに開発した」と断言。「プロユースにこだわることで、日常生活者にも使いやすくなる。さらに、プロにあこがれる一般ユーザーにも魅力的に映ると思う」と話す。

次ページジムニーが本格4WDたるゆえんは?
関連記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。