タイ生まれの「カローラクロス」はどんな車か

国内発売未定なのに日本で発表した理由とは

トヨタのタイ現地法人Toyota Motor Thailandが発表した「カローラクロス」(写真:トヨタ自動車)

今年7月に、「カローラクロス」と名乗る新しいSUV(スポーツ多目的車)がトヨタから発売になった。ただし、発表はタイで行われ、発売もタイからのスタート。ほかの市場へ向けては「順次」となっており、日本導入時期も明らかではない。では、このカローラクロスという新しいSUVは、いったいどんなクルマなのだろうか。

カローラクロスの主要諸元を参考にすると、その位置づけが「C-HR」と「RAV4」の中間にあるあることが見えてくる。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

車体寸法は全長4460mm×1825mm×1620mmで、全長はC-HRより75mm長く、RAV4より140mm短い。全幅はC-HRより30mm広く、RAV4より30mm狭い。全高はC-HRより70mm高く、RAV4より65mm低いというもの。

これらをまとめると、C-HRより若干大柄で背も高いが、RAV4より小柄になる。C-HRとRAV4の間にうまく収まったサイズ感は、絶妙といえる。スタイリングもC-HRとRAV4の中間的な印象だ。

そうなれば、3車種が互いにトヨタ同士で競合しないのかという老婆心も働く。しかし、その心配はなさそうだ。

少しずつ異なるサイズとキャラクターの妙

C-HRは、競合のホンダ「ヴェゼル」をしのぐ高い人気を維持し続けるものの、その大胆な外観に対する好みや後部座席の狭さ、後方視界の悪さなどから、手控えていた消費者もいる。

それに対しカローラクロスは、写真でしか確認できていないが、RAV4に通じるような逞しいSUVらしい外観で、後部座席や荷室も広そうだ。広く受け入れられやすい造形にみえる。

また、C-HRが見栄えを重視したクロスオーバー的な存在であることからも、カローラクロスは実用性を重視した小型SUVとして棲みわけできるように思える。「カローラ」という歴史ある車名がついていることで、たとえ実車を見なくても性能や機能に対する信頼も高いだろう。

SUVらしいプロポーションで後席の居住性も確保されている(写真:トヨタ自動車)

RAV4との比較では、カローラクロスがC-HRと同様、現行「プリウス」から採用の始まったTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)による小型車向けの「GA-Cプラットフォーム」を活用しているのに対し、RAV4は現行「カムリ」から採用された、1クラス上の中型車向け「GA-Kプラットフォーム」を用いている。

RAV4は車格が1つ上であり、全長4600mm×全幅1855mm×全高1685mmの寸法を持つ車体は、それなりに大きい。特に全幅は、「アルファード」を超えるほどだ。

カローラクロスの車体寸法は「カローラセダン」や「カローラツーリング」に近く、RAV4が欲しいけれども大きすぎると感じていた人に、うってつけのサイズとなるだろう。車庫などの事情に配慮し、カローラを購入できる人が手に入れやすいSUVとして、トヨタ同士の食い合いをせずに済む位置づけに見える。

次ページRAV4:15位、C-HR:19位と好調な中で
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT