新型ハリアーにみるRAV4と全く異なる価値観

ライバル不在の「SUVクーペ」という新形態

4代目となる新型「ハリアー」(写真:トヨタ自動車)

2020年4月13日に発表され、6月の発売が予定されているトヨタの新型「ハリアー」。ショールームで実車にお目にかかれるのはもう少し先だが、注目度の高さは自動車メディアやSNSでの反響を見れば明らかだ。

では、この新型ハリアーは今回のフルモデルチェンジでどのように進化し、どんな特徴を持っているのだろうか。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そして、人気車種もフルモデルチェンジは、国内のSUV市場にどのようなインパクトを与えるのだろうか。国内のライバルたちや、ヨーロッパのプレミアムブランドの巧みな戦略から、新型ハリアーの可能性を考察してみたい。

兄弟車「RAV4」の存在

新型ハリアーを端的に言ってしまえば、2020年春に発売された「RAV4」の兄弟車だ。プラットフォームは同じTNGAの「GA-Kプラットフォーム」で、ホイールベースも前後のサスペンションの形式も同じ。2.0リッターと2.5リッターのハイブリッドというパワートレインのラインナップも同じだ。

5代目「RAV4」は2019年4月に発売されている(写真:トヨタ自動車)

しかし、新型ハリアーとRAV4が見せる世界観はまったく異なる。RAV4は、アグレッシブでゴツゴツとしたデザインをまとい、世界初をうたう「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を筆頭に、複数の4WDシステムを用意する。イメージさせるのは、悪路をものともしないオフローダーである。

一方、ハリアーは都会派。ルーフもリアに向かってぐっと下がっている。実用性を考えれば、車体後方を高くしたほうが、室内空間は大きくとれる。しかし、ハリアーはそうした実用性よりも、見た目のスマートさを優先させているのだ。ハリアーとRAV4は、同じメカニズムを共有する兄弟車には、まったく見えない。

メルセデス・ベンツやBMWなど、ヨーロッパのプレミアムブランドでは、このようなモデルを「SUVクーペ」と呼び、ここ数年で一気にラインナップを増やしている。新型ハリアーは、そうした欧州プレミアムたちほど徹底したクーペスタイルにはなっていないが、それでも狙う世界観は同じ。SUVクーペ的なモデルが新型ハリアーなのだ。

次ページライバルはマツダ「CX-30」?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT