グノシーは「スマホ・ポータル」を構想

群雄割拠のニュースアプリ市場<その2>

 

 

「TVCMは2013年11月から販売を始めました。初月の月商は約300万円でしたが、直近では月商数億円ほどに成長しています。来期の終わり頃(時期としては2016年5月頃)には月商が10億円台に乗ることも十分考えられます」(木村氏)。

当初はソーシャルゲームの出稿主が多かったが、現在では他のアプリやWEBサービスなど幅広い業種からの出稿があるという。今後はタイムライン広告だけではなく、PCのヤフーでいうところのブランドパネルやミクシィのログインジャックのような新しい広告メニューも開発していく可能性が高そうだ。

ニュースを入り口にポータルを目指す 

KDDI(au)などから調達した資金と広告収入を燃料にTVCMへの投下でダウンロード数を今後も伸ばしていくと思われるグノシー。木村氏は現在のニュースアプリ市場をどう捉えているのだろうか。

「PCの世界では結局、ヤフーだけが勝ちました。ニュースだけでやっていくのではなく、ユーザーが必要とすることをどれだけやれるかが重要です。ニュースのみの提供だと、スイッチングコストは低いと言わざるをえない。ニュース以外の付加価値が必要です」(木村氏)。

グノシーはニュースアプリにとどまるつもりはないということだ。当初、グノシーは独自のレコメンドエンジンによる個別最適化された朝夕25本のニュース配信アプリだった。それが、TVCM開始時にスマートニュースのようなマス向けのニュース配信も含むユーザーインターフェイスに切り替え、話題を呼んだ。

個別最適化(グノシー内でクリックした記事を元に、次の出す記事を決めるというアルゴリズム)されたニュース表示が最も楽しめるのはグノシーである。しかし、その機能はマスのユーザーは必ずしも必要としていない。マス向けに舵を切ったのは序章に過ぎなかったといえる。

次ページショッピングも楽しめるサイトに
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT