東武200型「りょうもう」伊勢崎線を駆けた30年

スペーシアより地味でも足回りは"デラックス"

東武の社員にとって、200型とはどんな車両なのだろうか。同社車両部車両管理所の里嶋昇さんは「最近の電車はボルスタレス台車が多いが、200型は『揺れ枕』が付いたスイングハンガー式。部品点数が多くメンテナンスに手間がかかる分、乗り心地はいい」と胸を張る。

台車など足回りは1720系から引き継いだ(記者撮影)

また、車両部管理課の茂木勝典さんは「最近のブラックボックス化した電子部品とは違い、古い車両は中の機械構造を調べて勉強することができ、技術伝承の教材として役立つ」と現場の業務での利点を挙げる。「東武の社員の中でも帰省などでよく利用し、200型に愛着を持っている群馬出身者は多い」と話していた。

運転台がもう1つある?

乗り慣れたベテラン車両の200型でも、あまり知られていない意外な注目ポイントがある。中間車には、車端部の客室の壁の向こうに簡易運転台が隠れている車両が存在する。これは車両基地で点検をする際に、編成を分割して移動させる必要があるために設置されている。運転台がある連結部分を外からのぞいてみると、前照灯や尾灯、窓にワイパーまで取り付けられているのがわかる。

墨田区にある東武博物館は、館内で配布している「東武博物館だより」(2021年3月号)で、「200型特急りょうもう号のトリビア集」と題した特集を掲載した。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

同誌によると、1994年には8両編成化が検討され「220型」の仮称もあったが計画が見送られた、ビジネス利用を想定して室内の窓枠上部にはFM・AMアンテナが内蔵されている、走行計画によっては6時10分から23時56分まで1日880km以上走る場合がある、という。200型の編成ごとの違いや、トリビアを知っていると、乗車したときの楽しみが増えそうだ。

30周年の記念イヤーを迎えた200型も、すでに1本(201編成)が引退、解体されている。東武は2021年度の設備投資計画で、500系「リバティ」(3両編成)を6本新造するとしており、特急用車両の世代交代が進むとみられる。先人たちがメンテナンスに手間暇をかけて受け継いできた伝統車の乗り心地をじっくり体感するなら今のうちかもしれない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT