列車とホームの隙間埋める「秘密兵器」の開発者

JRや大手私鉄が続々と採用、足元の安全支える

阪急の十三駅に設置されたくし状の部材「スキマモール」(写真:クリヤマ)
この記事の画像を見る(10枚)

新型コロナの襲来で外国人観光客が日本国内から姿を消して1年。東京オリンピック・パラリンピック開催も1年の延期を余儀なくされた。

だが、オリパラを契機に2017年に策定された「ユニバーサルデザイン2020行動計画」に基づく東京都心部の鉄道駅のバリアフリー化工事のほうは、延期されることなく当初の予定通り粛々と進められてきた。

中でもこの1年で急速に進んだのが、鉄道駅のプラットホームと鉄道車両の間の段差・隙間の解消対策工事。その必須アイテムが、ホームの先端を底上げする先端タイルと、車両との隙間を埋めるために、先端タイルの先に取り付けるくし状部材である。

東京都心部の鉄道駅に集中配備

現在、JR山手線では、新宿駅と渋谷駅を除くすべての駅のホームの中程、6号車と7号車の4番ドアの乗降口の床に、ピンク地に青い車いすのマークを配した大きなシールが貼られている。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

このシールが貼られている乗降口には、車両の床とホームの段差を解消するため、ホーム床をかさ上げする先端タイルと、車両とホームの隙間を埋める、くし状部材が設置されている。

昨年2月から7月にかけ、新宿駅、渋谷駅を除く28駅全駅に、ホームドアとの3点セットで設置された。

段差が3㎝以内、隙間が7㎝以内ならば、手動の車いす利用者の9割が自力で乗降可能であることが、国交省の実証実験で確認されている。このため、国交省は2019年8月、全国の鉄道各社に対し、段差3㎝、隙間7㎝を目指すべき数値として公表した。

曲線ホームの駅では隙間が大きくなりがちで、対策工事を実施しても解消に限界がある。このため、3点セットを配備した山手線28駅のうち、設置後も3㎝〜7㎝をクリアできていない駅は、内回りホームで6駅、外周りホームで4駅ある。

だがそれ以外では、手動の車いす利用者の9割が、鉄道職員の介助なしに自力で乗降できる条件を整えた。

次ページ開発したメーカーの名前は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT