列車とホームの隙間埋める「秘密兵器」の開発者

JRや大手私鉄が続々と採用、足元の安全支える

これも同社の独自開発だが、開発パートナーが東海ゴム工業(現・住友理工)であることは公表している。積極的な販売活動を行っていないだけで、要望があれば外販もするという。

運用開始以来、段差や隙間が大きい曲線駅のホームには、落下防止用に随時設置を進めてきたが、国交省の要請に応え、オリパラ開催を見越したバリアフリー対策目的の整備を、昨年6月までに完了させた。

銀座線に設置されたくし状ゴム(筆者撮影)
日比谷線六本木駅(筆者撮影)

対象となったのは、銀座線、丸の内線、千代田線の全駅と、五輪会場に近い東西線の九段下、竹橋、大手町、有楽町線の有楽町、豊洲、辰巳、新木場、副都心線の北参道、明治神宮前〈原宿〉、半蔵門線の青山一丁目、九段下、大手町の計7路線78駅。各路線ごとに同一の乗降口にホームドアとともに整備した。

以前から手がけてきた転落防止目的の整備は必ずしもホームドア設置とセットというわけではなく、設置箇所も路線や駅によってまちまち。カーブがきつい日比谷線六本木駅には、6号車位置を除くホーム全体に長尺のくし状ゴムがびっしり設置されている。

可動式ステップの設置も

同じ日比谷線では、上野駅もカーブがきつい。コロナ前までは訪日外国人で大にぎわいだったからか、中目黒方面ホーム、北千住方面ホームともにホームドアは配備済み。

北千住方面ホームには、全部で28ある乗降口のうち、19カ所にくし状ゴムが設置されていることに加え、可動式のステップが計7カ所に設置されている。

上野駅はくし状ゴムに加え、可動ステップも設置(筆者撮影)

可動式ステップの主要メーカーは、主要ホームドアメーカーの京三製作所、ナブテスコ、日本信号の3社。ホームドアが開く直前に自動的にステップがせり出し、ホームドアが完全に閉まったタイミングで自動的に元に戻る。

当然固定型のくし状部材に比べると導入費用は高額だが、くし状ゴムでは届かない広い幅の隙間用に、東京メトロでは7路線35駅で導入している。

隙間解消用の部材は東京と大阪では思いのほか、あちこちに付いている。スマホから目をはずし、足元に注意を払うと、そこそこの確率で出会えることは間違いない。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT