列車とホームの隙間埋める「秘密兵器」の開発者

JRや大手私鉄が続々と採用、足元の安全支える

極めて特徴的な形状だが、この形状になったのは先行商品があったから。先行商品は日本の大手商社・双日の韓国現法が販売していたゴム製の製品で、2008年3月に沖縄県の沖縄都市モノレール(通称ゆいレール)が転落防止用に導入したのが国内最初の導入事例である。

相次ぐ乗客の転落事故を受け、「運輸局のアドバイスで韓国製くし状ゴムの存在を知った」(沖縄都市モノレール)という。

この韓国製の製品には天板がなく、くしの部分にヒールや傘の先端が挟まるという欠点があったため、クリヤマの製品はくしの上に天板を付けた形になった。

その後、首都圏、関西圏の大手私鉄やJR各社など、大都市圏の鉄道各社で転落防止用にスキマモールの導入は進み、目下のところ隙間解消用のくし状部材ではスキマモールが圧倒的なシェアを誇る。

ちなみに、沖縄都市モノレールが2019年10月に開業した延伸4駅には、開業時点でスキマモールを配備済み。2008年に取り付けた5駅の韓国製くし状ゴムの交換も含め、既設駅にも段差解消工事に合わせてスキマモールを配備予定で、2023年中の完成を目指す。スキマモールを選んだのは、「いろいろ探したがこれしか見つからなかったから」(沖縄都市モノレール)だ。

大阪メトロは2010年に導入

大阪メトロはクリヤマよりも一足早い2010年に、韓国製くし状ゴムの改良版を世に送り出している。かねてバリアフリー対策に熱心なことで知られ、2018年には『国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰』を受賞している。

ホームと車両の段差・隙間解消に関する研究でも先行。1981年3月開業のニュートラムは、「開業当時から全駅全乗降口にホームドアを設置し、段差・隙間も2㎝〜5㎝を実現できていた」(大阪メトロ広報)という。

国交省が3㎝〜7㎝という数値目標を掲げるのは、この40年近く後の2019年8月。その3㎝〜7㎝をさらに下回る数値を、早くもこの時代に実現していたというのは驚きだ。

大阪メトロは2006年10月開業の今里線でも、開業時から全駅の全乗降口にホームドアを完備。走行方式も、重心が低く車両の揺れが少ないリニア方式を採用。リニア方式は段差と隙間も生じにくいため、こちらも開業時点で2㎝〜5㎝を実現できていた。

次ページエレベーター並み目指す大阪メトロ
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT