東武200型「りょうもう」伊勢崎線を駆けた30年

スペーシアより地味でも足回りは"デラックス"

特急「りょうもう」で活躍する200型(記者撮影)
この記事の画像を見る(65枚)

東京都心の浅草と栃木・群馬両県の都市を伊勢崎線経由で結ぶ東武鉄道の200型特急「りょうもう」は、白い車体に赤のライン、先頭部が「くの字」にとがったデザインが特徴だ。そのシンプルかつ、スマートな外観は登場から30年を経ても色あせた印象を与えない。

東武の特急と言えば、同時期にデビューした日光線の特急「スペーシア」(100系)がまず思い浮かぶ。個室を備えるなど観光需要に対応し、金色に輝く車体の「日光詣スペーシア」の編成が存在感を放っている。海外でも名の知られた日光・鬼怒川エリアへの足として活躍、同社のフラッグシップの位置づけだ。

足回りは「東武のロマンスカー」

一方、りょうもうが走るのは日光線と東武動物公園駅で分かれた伊勢崎線・桐生線・佐野線。主に浅草―赤城間で運行している。沿線にはSUBARU(スバル)や大手食品メーカーなどの生産拠点が点在しており、仕事での利用客が多い。スペーシアと比べると、ビジネス特急の要素が強いりょうもうは地味な存在だが、その足回りには“デラックス”な一面を持ち合わせている。

“東武の顔”だった 1720系「デラックスロマンスカー(DRC)」 (写真:東武鉄道)

200型は1991年2月1日にデビューした。台車や床下機器はかつて日光線の特急で活躍した1700系・1720系から引き継いだ。1720系は「デラックスロマンスカー(DRC)」の通称を持ち、東京都心―日光エリアの観光客輸送で熾烈な競争を繰り広げていた国鉄のデラックス準急「日光」(157系)に対抗して1960年に登場した。

1720系はボンネットスタイルの外観に、ジュークボックスを置いたサロンルームもある豪華な内装で、国鉄に対する形勢逆転に貢献した。1990年にスペーシアが登場するまで東武特急の「顔」を担ったが、台車などの足回りはそこからさらに30年、今度は200型として伊勢崎線方面のビジネス需要を支えることになった。

次ページ急行から特急に昇格
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT