マルクス主義の本質を知っていますか【動画】

脱資本主義が格差や環境問題で再注目される訳

これまでの経済思想は、新自由主義とケインズ主義の2つが軸でした。

市場の自由な競争に任せて格差が拡大した

要するに市場の自由な競争に任せておけば、価格や給与も適切に調整されていき、いずれ国民の生活全体が向上するだろうという考え方です。

しかし結果的には、先進国で格差が拡大してしまいました。

『週刊東洋経済』バックナンバー2021年4月10日号の特集は「マルクスvs.ケインズ」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

1%の富裕層が富を独占していると言われ、日本でも貧困問題が指摘されています。

『週刊東洋経済』のバックナンバー2021年4月10日号の特集「マルクスvs.ケインズ 環境・格差・テクノロジー ──大乱世の思想ガイド」より、脱資本主義を唱えた「新マルクス主義」が注目される理由を動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井佐和子、撮影:尾形文繁)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT