マルクス主義の本質を知っていますか【動画】

脱資本主義が格差や環境問題で再注目される訳

これまでの経済思想は、新自由主義とケインズ主義の2つが軸でした。

市場の自由な競争に任せて格差が拡大した

要するに市場の自由な競争に任せておけば、価格や給与も適切に調整されていき、いずれ国民の生活全体が向上するだろうという考え方です。

しかし結果的には、先進国で格差が拡大してしまいました。

『週刊東洋経済』バックナンバー2021年4月10日号の特集は「マルクスvs.ケインズ」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

1%の富裕層が富を独占していると言われ、日本でも貧困問題が指摘されています。

『週刊東洋経済』のバックナンバー2021年4月10日号の特集「マルクスvs.ケインズ 環境・格差・テクノロジー ──大乱世の思想ガイド」より、脱資本主義を唱えた「新マルクス主義」が注目される理由を動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井佐和子、撮影:尾形文繁)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT