マンション・住宅「コロナ特需」の現実【動画】

不況恐れた業界の予想は良い意味で裏切られた

2020年4月の緊急事態宣言発令前後、住宅業界では、多くのデベロッパーがモデルルームや仲介店舗の閉鎖を余儀なくされ、現地への内見もはばかられるなど住宅の販売が困難な状況に追い込まれました。

住宅不況に陥るとの見方は良い意味で裏切られた

業界関係者の間では、住宅不況に陥るとの見方が広がりましたが、いまの新築マンション市場はそんな業界の懸念を良い意味で裏切っています。いったい何が起こっているのでしょうか?

『週刊東洋経済』1月12日発売号の特集は「激動 マンション・住宅」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

今回は『週刊東洋経済』のバックナンバー2021年1月16日号「激動 マンション・住宅」よりお届けした「マンション・戸建て『コロナ特需』のカラクリ(2021年1月12日配信)をもとに、コロナ禍に沸くマンション、戸建て市場の現状について動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がポイントをわかりやすく解説します。

詳しくは動画をぜひご覧ください。

(再生の際には音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井 佐和子、撮影:尾形 文繁)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT