任天堂は今期も連続減益。ゲーム機ハードの勢いが鈍化、無料ゲームの普及も影響か

任天堂は今期も連続減益。ゲーム機ハードの勢いが鈍化、無料ゲームの普及も影響か

ゲーム機最大手の任天堂は、好調を続けてきた業績が踊り場に差し掛かっている。

会社が発表した前10年3月期実績は、売上高が1兆4343億円(09年3月期比22%減)、営業利益が3565億円(同35.8%減)、当期純利益が2286億円(同18.1%減)と大幅な減収減益だった。今11年3月期も、売上高1兆4000億円(前期比2.4%減)、営業利益3200億円(同10.3%減)、当期純利益2000億円(同12.5%減)と連続減益の会社計画だ。高水準の利益を叩き出していることに変わりはないが、07年3月期から続いた成長路線が曲がり角にきていることは間違いない。

配当も業績連動型の政策に沿って、年間830円へ減配の予定(前期実績930円)。会社側の発表を受け、「東洋経済オンライン」は今期と来12年3月期予想数字を下表のように修正する。

業績が後退を強いられる理由は、これまでの躍進を支えてきたハードの勢いが鈍化しているためだ。

前期は、携帯型ゲーム機DSの販売が2711万台(前期比13%減)に、据え置き型Wiiが2053万台(前期比21%減)に落ち込んだ。特にWiiは苦戦が顕著で、人気ソフトの投入が遅れたことなどが響いた。昨年末に大型ソフト「NewスーパーマリオブラザーズWii」が大ヒットしたことでWiiの販売も後半に押し上げられられたが、前半の減販をカバーできなかった。

今期も、Wiiの販売は1800万台(前期比12%減)と、さらに下向くと任天堂ではみている。一方のDSは3000万台と、前期比11%増の計画。今期中に3次元映像を楽しめる新機種「3DS」を投入することで、巻き返しを図る。
 
 5月6日に行われた決算説明会の席上、岩田聡社長は「ゲーム業界はヒットソフトが出るかどうかで、状況ががらりと変わる」「Wiiについては、常に強く(ブームを巻き起こすソフトを輩出するなどの)野望を持っているが、それを前提として販売台数見通しをつくれない」と、今期業績の会社計画は現時点では慎重であることを強調した。

ただ、任天堂を取り巻く環境は厳しい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT