NYダウが誤発注騒ぎで過去最大の下げ幅、終値は347ドル安--高まるギリシャ発ソブリンショックの恐怖


ギリシャ恐慌とコンテージョンに懸念高まる

ギリシャに対しては、ユーロ圏諸国と国際通貨基金(IMF)が3年間で総額1100億ユーロ(当初案の最大450億ユーロから拡大)を融資することで基本合意されたが、市場の動揺はまったく収まっていない。支援策の前提となる財政緊縮策をギリシャが本当に実行できるのか、市場の疑念が高まっているためだ。

ギリシャ国内では、厳しい財政緊縮策に抗議する労働組合などのデモが激しさを増し、死者を出すまでになっている。火炎瓶で燃えさかる街の様子が世界中に放映され、財政再建の道の険しさが改めて実感されている。

ギリシャ政府が5月2日に発表した来年度以降の新たな財政構造改革プログラムでは、付加価値税の23%への再引き上げや、たばこ・酒税の追加引き上げ、公務員給与の追加削減、年金制度改革などを通じて10~13年までの4年間にGDP比で11%ポイント、総額300億ユーロ規模の財政赤字削減を目指している。

だが、これを実施するとなると、ギリシャ経済へ強烈な負のインパクトが加わる。ギリシャ政府では、今年の実質GDP成長率を▲4.0%、11年を▲2.6%と予想しており、前回1月の政府想定(10年▲0.3%、11年+1.5%)より大きく下方修正したが、これで収まる保証はない。

市場内では、「今後2~3年、ギリシャ経済はディプレッション(恐慌)に陥る」との観測も出ており、ギリシャ国民にとって財政再建はまさに茨の道だ。

コンテージョン(伝染)--この言葉が世界の金融市場で飛び交っている。ギリシャ危機はギリシャ一国でとどまるものではなく、他の欧州諸国、日米を含めた世界中に多大な影響が伝播しつつある。

ユーロ圏では、ギリシャと同様に財政赤字の急拡大に悩むポルトガルやアイルランド、スペインなどが国債市場で狙い打ちされている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT