睡眠不足を甘く見る人が払う体の代償【動画】

眠りの借金は寿命を縮め、肥満にもつながる

「私はいつも6時間寝ているから大丈夫」と思っていませんか? ですが、その睡眠時間では足らないかもしれません。

日本人は睡眠偏差値が極めて低い?

「頑張ろう」と気合いを入れても、睡眠が足りていなければ脳も体もベストコンディションからは遠く、思うような結果を得られない日々が続くことも。

『スタンフォード式 最高の睡眠』(サンマーク出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

「日本人は睡眠偏差値が極めて低い」というデータもあるほど、実は私たちの「睡眠環境」は劣悪な状況にあります。

睡眠時間が足りないとどんなことが起きるのでしょうか――。スタンフォード大学医学部教授・同大学睡眠生体リズム研究所の所長を務める西野精治氏の著書『スタンフォード式 最高の睡眠』を読み解き、一部を動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの中島未麗歌がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生の際は音量等にご注意ください)

(デザイン:駒井 佐和子、撮影:今井 康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT