話が面白い人とつまらない人の大差【動画】

魅力的な話をするためのポイントとは?

会議でも、営業先でも、一生懸命プレゼンしているのに、なかなか伝わらないし、共感や賛同を得られない。

相手に対するアプローチの方法が間違っている?

そんなうまくいかない「壁」を前にして、「どうせ自分は……」と諦めてしまっていることはないでしょうか? 

『うまくやる ~コミュニケーションが変わる25のレッスン~』(あさ出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

そして、その原因が自分のコミュニケーション能力が劣るからでも、努力が足りないからでもなく、相手に対するアプローチの方法が間違っているだけだとしたら?

クリエイティブディレクターであり大学講師の熊野森人氏の著書『うまくやる ~コミュニケーションが変わる25のレッスン~』から、「つまらない話がわかりやすく魅力的な話へと変わる」コミュニケーションのポイントを動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの森岡沙衣がわかりやすくお伝えします。詳しくはぜひ動画をご覧ください。

(再生時には音声などにご注意ください)

画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします(写真:Fast&Slow PIXTA)
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT