商船三井の温室効果ガス排出ゼロ支える技術とは

メタネーションはグリーン投資の目玉となるか

日本の一部企業が二酸化炭素(CO2)を回収して活用する「メタネーション(メタン合成)」への投資旋風につながり得るプロジェクトに取り組んでいる。

O2と水素から合成するメタネーションを船舶燃料に

商船三井が主幹事を務める「船舶カーボンリサイクル ワーキング・グループ」には、日本製鉄やJFEスチールなど計9社が参加する。同グループはメタンをCO2と水素から合成するメタネーションを船舶燃料に応用する構想の実現可能性を検証中だ。実現できれば、液化天然ガス(LNG)など化石燃料に代わる、温室効果ガス(GHG)排出実質ゼロの燃料誕生につながる。

商船三井の橋本剛社長はブルームバーグとの3月30日のインタビューで、メタネーション技術を活用した船舶燃料が、2050年までにGHG排出量を実質ゼロにする「現実的な回答」ではないかとの見方を示した。既存インフラとの親和性があり技術的にも導入は可能なことから、コストを低減することで「持続可能なプラクティカルな解決に持っていけるかが今後10年、20年かけての課題だ」と述べた。

商船三井、50年温室効果ガス排出実質ゼロ目指す-海運にも脱炭素の波

グループには商船三井など日本の企業・法人9社が参加
次ページ温室効果ガスへの規制強化で価格競争力が増す
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT