ピクミン3DX「良作なのに物足りなく」感じる訳

内容がとてもいいだけに「惜しい」ゲームだ

あと、ストーリーモードにはボスキャラが出てくるのだが、ボスのギミックがなんとなく中途半端で、ヒントもさっと出てしまうので、たいていゴリ押しで勝ててしまう。

最後のボスだけは「ああ、こうやらないと回復されちゃうのか」という気づきがあり、戦っていて楽しかったのだが、いかんせん最後のボスなので、消化不良のまま終わってしまった。

もちろん、決してつまらないゲームというワケではない。それどころかとても面白いゲームである。

ピクミンたちはちょこまか動き回って楽しいし、探索して果物や橋を架けるためのかけらを発見して運んでもらったり。原生生物と戦うときには、スピーディーな操作が求められる。

夜が近づくと思いもしないところでフリー状態になってしまっているピクミンを発見して焦るし、号令の失敗でピクミンが水に落ちてしまって、大量の犠牲を出してしまったときは本当につらい。

ストーリーモードは少しボリューム不足感はあるものの、デラックス版では別サイドからのサブストーリーが追加されていたり、WiiU版ではDLコンテンツだったミッションモードもついてくる。ミッションモードはタイムアタック的な要素を楽しめる人にはうってつけである。

他にも、トロフィー要素である「進級バッジ」が追加されている。収集要素があればコンプリートしたいという人にはうれしい新要素である。

内容がいいだけに「惜しい」作品

結論としては、「もっと面白くなる要素はありそうなのに、なんでこの面白さ止まりなんだろう」という疑問がすごく湧いてしまうゲームであった。

とてもオリジナリティがあり、キャラクターもかわいらしく操作感もいい。要素も盛りだくさんで、遊んでいると楽しい。そんな高い水準のゲームなのに、ほんの少し何かが足りない。

それをしっかりと指摘するのも僕の仕事なのだが、それがわかるのならば、僕は今頃、売れっ子ゲーム作家として大活躍しているだろう。本当に楽しく、しかしながら惜しいゲームとしか言いようがない。時間があれば1と2もプレイして進化の軌跡を見てみたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT