ウマ娘「1000万ダウンロード達成した」魅力の神髄

サイレンススズカが天皇賞を勝つ「涙のIF」も

スマホゲーム『ウマ娘』の魅力を徹底解説(画像:『ウマ娘 プリティーダービー』公式サイトより)
物心ついたときからゲームと付き合い続けてきた筆者が、その長いゲーム歴から最新作から過去の名作までを掘り起こして語り尽くす本連載。今回取り上げるのは、ゲーム業界、競馬業界を大いに盛り上げたスマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』。サービス開始からわずか7ヵ月で1000万ダウンロードを突破した本作の魅力とは?

ウマ娘の勢いが止まらない。2月24日に正式サービスを開始した『ウマ娘  プリティーダービー』が、約7ヵ月後の9月20日には1000万ダウンロードを突破したことが発表された。

いつまでもゲームが完成しない「迷走期」も

サービス開始以来、配信プラットフォームのランキング上位を走り続けるウマ娘だが、決して最初から順調だったわけではない。

ウマ娘の事前登録は2018年の3月25日に開始され、それに合わせるようにアニメの第1期が放送されたが、開発は難航し、事前登録開始から1年経った頃にプロデューサーが退任するなど、先行きはかなり危うく思われた。

いつまで経ってもアプリがリリースされない状況に「事前登録○周年」などとネットでは半ば「ネタ」扱いされており、事前登録開始から2年を超える頃には、本当にアプリがリリースされるのかも怪しく、アニメやマンガなどの展開のみで終わるのではないかと思っていた人も多かったはずだ。

そして事前登録開始から3年が経とうとしていた2021年の2月24日、ようやくウマ娘はスマホアプリとしてのスタートを切ったのである。

スマホアプリがリリースされる以前、僕がウマ娘に抱いていた印象は「昨今ウケているゲームのごった煮」というものである。

まずは刀剣乱舞や艦これなどのような人ではない存在を萌えキャラとして描く「擬人化」に、アイドルマスターやラブライブ!のような女の子たちの「ライブ」というのは、もはやありふれていると言っていい。

さらにいえば競馬の育成ゲームというのも、ダービースタリオンやウイニングポストなどの歴史があるジャンルである。

そうした既存のゲーム内容の組み合わせであるウマ娘が、どれだけ今の目の肥えたユーザーに受け入れられるのかと注目していたが、フタを開けてみれば実に大成功であった。

次ページその魅力の源泉とは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT