初心者でも予習は不要!「江戸落語」の楽しみ方

寄席は「晴れた休日の昼間」がオススメなワケ

江戸落語の楽しみ方って? 九代林家正蔵師匠が、落語の魅力をたっぷり届けてくれました(写真:トヨダリョウ)
いい大人になってお付き合いの幅も広がると、意外と和の素養が試される機会が多くなるものです。モテる男には和のたしなみも大切だと、最近ひしひし感じることが多いというLEONの石井編集長(47歳)が、最高峰の和文化体験を提供する「和塾」田中康嗣代表のもと、モテる旦那を目指す連載です。

第11回となる今回は、伝統芸能のひとつとして日本に笑いの文化を培ってきた、落語の世界へ。導いてくださるのは、九代林家正蔵師匠です。若い頃からバラエティ番組などでも活躍する一方、落語家としては1987年に24歳で真打に昇進。2005年に九代林家正蔵を襲名されました。

祖父の七代目林家正蔵、実父の初代林家三平と、親子三代の真打は史上初なのだそう。そんな一家相伝の噺家である正蔵師匠が、落語の魅力をたっぷり届けてくれました。この殺伐とした現代に、笑いとおおらかさを届けてくれる落語の世界へようこそ!

勉強なんてしちゃいけません!

石井・LEON編集長(左)、林家正蔵師匠(中)、「和塾」代表の田中康嗣さん(右)(写真:トヨダリョウ)

田中 「こちらの『ねぎし三平堂』は、正蔵師匠のお父様で昭和の爆笑王と呼ばれた初代林家三平師匠の記念館なんですよね。正蔵師匠、本日はよろしくお願いいたします!」

本記事はLEON.JPの提供記事です

正蔵 「どうぞ、よろしくお願いします」

石井 「早速ですが、僕を含めて落語は知っていても、実際には見たことがないという読者もいると思うのですが……」

正蔵 「まずね、クラシック音楽みたいに、どっかで予習する必要ありませんよ。初めてだからってYoutubeなんかで、調べないでくださいね!」

石井 「ワハハ! 僕、さっそく見てきちゃいました!」

田中 「だろうね~(笑)」

(写真:トヨダリョウ)

石井 「そもそもの話になるのですが。日本には、“お笑い”という文化が長く根付いてきましたが、落語とその他のお笑い芸はどう違うのでしょうか?」

正蔵 「落語はお客様に笑っていただく滑稽噺が基本です。そういう意味で、現代の漫才やコントなどのお笑いとも基本の部分は共通していると思います。ただ、落語はその内容の幅が広くて、笑わせるだけでなく、夫婦や親子の情愛を語って時には泣かせるような人情話などもあります」

石井 「泣き笑いみたいなことも含めての落語なんですね」

(写真:トヨダリョウ)
次ページ落語は大衆芸能
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT