初心者でも予習は不要!「江戸落語」の楽しみ方

寄席は「晴れた休日の昼間」がオススメなワケ

江戸落語の楽しみ方って? 九代林家正蔵師匠が、落語の魅力をたっぷり届けてくれました(写真:トヨダリョウ)
いい大人になってお付き合いの幅も広がると、意外と和の素養が試される機会が多くなるものです。モテる男には和のたしなみも大切だと、最近ひしひし感じることが多いというLEONの石井編集長(47歳)が、最高峰の和文化体験を提供する「和塾」田中康嗣代表のもと、モテる旦那を目指す連載です。

第11回となる今回は、伝統芸能のひとつとして日本に笑いの文化を培ってきた、落語の世界へ。導いてくださるのは、九代林家正蔵師匠です。若い頃からバラエティ番組などでも活躍する一方、落語家としては1987年に24歳で真打に昇進。2005年に九代林家正蔵を襲名されました。

祖父の七代目林家正蔵、実父の初代林家三平と、親子三代の真打は史上初なのだそう。そんな一家相伝の噺家である正蔵師匠が、落語の魅力をたっぷり届けてくれました。この殺伐とした現代に、笑いとおおらかさを届けてくれる落語の世界へようこそ!

勉強なんてしちゃいけません!

石井・LEON編集長(左)、林家正蔵師匠(中)、「和塾」代表の田中康嗣さん(右)(写真:トヨダリョウ)

田中 「こちらの『ねぎし三平堂』は、正蔵師匠のお父様で昭和の爆笑王と呼ばれた初代林家三平師匠の記念館なんですよね。正蔵師匠、本日はよろしくお願いいたします!」

本記事はLEON.JPの提供記事です

正蔵 「どうぞ、よろしくお願いします」

石井 「早速ですが、僕を含めて落語は知っていても、実際には見たことがないという読者もいると思うのですが……」

正蔵 「まずね、クラシック音楽みたいに、どっかで予習する必要ありませんよ。初めてだからってYoutubeなんかで、調べないでくださいね!」

石井 「ワハハ! 僕、さっそく見てきちゃいました!」

田中 「だろうね~(笑)」

(写真:トヨダリョウ)

石井 「そもそもの話になるのですが。日本には、“お笑い”という文化が長く根付いてきましたが、落語とその他のお笑い芸はどう違うのでしょうか?」

正蔵 「落語はお客様に笑っていただく滑稽噺が基本です。そういう意味で、現代の漫才やコントなどのお笑いとも基本の部分は共通していると思います。ただ、落語はその内容の幅が広くて、笑わせるだけでなく、夫婦や親子の情愛を語って時には泣かせるような人情話などもあります」

石井 「泣き笑いみたいなことも含めての落語なんですね」

(写真:トヨダリョウ)
次ページ落語は大衆芸能
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT