トヨタがモビリタで体験プログラムを行う理由

運転が苦手な人も得意な人も客観目線で理解

モビリタでは多彩なプログラムを用意する。企業や団体向けだけでなく、個人ドライバー向けにも設定され、いずれも交通事故低減を目的にプログラムはトヨタが独自に開発した。

運転操作の基本である「走る」「曲がる」「止まる」の再確認から、モビリタの特徴を生かした高速域からのフルブレーキングなど、一般公道では体験できない、“危険が伴う運転操作を安全に体験できること”がモビリタ最大の特徴だ。 

「走行データ計測PGM」については凄腕技能養成部のメンバーがインストラクターを務める。その他の企業講習や総合トレーニング、GRヤリスのタイムトライアルはすべてモビリタインストラクターが担当する。インストラクターは、トヨタのテストドライバーを養成している「凄腕技能養成部」が務め、これまで車両開発を通して培ったドライビングのノウハウを安全運転に応用するなどしてプログラムに生かされている。

そこで今回、凄腕インストラクターの指導を受けるべくモビリタに出向き、自身の運転操作を見直してみた。

現在モビリタでは、一般ドライバー向けの安全運転講習会、近隣の地方自治体と連携した幼児向けの交通安全教室など、それぞれの対象やニーズに合わせたさまざまなプログラムが展開されている。そのうち、筆者を含めた東洋経済オンライン取材チーム3名は、「走行データ計測プログラム」に参加した。

これは2020年秋から加わった新しいプログラムで、同時期に加わった新プログラム「GRヤリス タイムトライアル」と合わせて「ちょこっとモビリタ」とネーミングされた。両プログラムにおける体験者の累計は600名(2020年末現在)と人気のプログラムだ。

自身の運転操作をデータ化して理解

走行データ計測プログラムの狙いは、自身の運転操作をデータ化して理解することにある。体験プログラム車両(トヨタ「86」)に搭載した計測ツールでは、自身の運転操が赤裸々に図形化/データ化される。そして、得られたデータをもとに、口頭でのアドバイスだけでは伝わりにくい部分を、凄腕インストラクターから事細かに指導を受ける。

体験時間は30分だ。こうすることで、自身のウィークポイントが正しく理解できて、これからの運転操作に生かすことができる。さらに苦手意識の克服にもつながるため、運転から遠ざかっていたドライバーであっても、結果的に安全な運転へと近づくことができる。

(第2回に続く)

富士スピードウェイの広大な敷地の中にモビリタは位置している。この先、筆者が「クルマ好き目線」として、同時に体験したモータージャーナリストの藤島知子さんが「女性として体験する意義」として、それぞれレポートを寄稿する予定だ。なお、東洋経済オンラインの公式YouTubeチャンネルでも近日中に動画の紹介を予定している
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT