朝からパッと目覚めて仕事ができる3つの習慣 「新社会人」が知っておきたいコンディション術

拡大
縮小
朝一でパッと目覚めて仕事ができるようになる、お手軽なコツを紹介します(写真:EKAKI/PIXTA)
学生時代には毎朝早起きしなくてもよかったけれど、新社会人になるとそういうわけにはいきません。リモートワークが普及してきたとは言え、今までよりも早い時間に起床し、仕事をしなければならない毎日が始まるでしょう。DeNAのCHO(チーフ・ヘルス・オフィサー)室室長代理として社員のパフォーマンスを高めるため健康施策を次々に実行し、また社内外で新入社員のコンディション研修の講師を務め好評の平井孝幸氏が、近著『仕事で成果を出し続ける人が最高のコンディションを毎日維持するためにしていること』から、「どうにも朝、目覚めが悪い」「朝から身体のエンジンをかけるなんて無理だ」という新社会人向けに、朝一でパッと目覚めて仕事ができるようになる、お手軽なコツを紹介します。

目覚めにコップ1杯の水を飲むといい。そんな話を聞いたことがあると思います。

『仕事で成果を出し続ける人が最高のコンディションを毎日維持するためにしていること』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

これは、その日1日の仕事のパフォーマンスを高めるためにも、理にかなった行動です。

眠っている間にも、人間は水分を失っているのです。だから朝起きたときは、少なからず脱水症状になっています。まずこれを補う必要があります。

そして、口内は神経が数多く集中している部位なので、水を飲むことでそれらを刺激し、脳と身体のスイッチを入れることもできるのです。

なお、寝起きに水を飲む際に大事な注意点があります。それは、水を飲む前にうがいをしたり、歯磨きをしたほうがいいということです。眠っている間に、口の中は大変な量の雑菌が増殖しているからです。

口腔内の菌数は、夜歯磨きを終えたあとも眠っている間にどんどん増え続けています。うがいも歯磨きもせずに、いきなり水を飲んでしまうと、その細菌をすべて飲み込んでしまうことになります。

血糖値が上がりにくい朝食を取る

しっかり朝食も取ってきたのに、午前中から眠気が押し寄せる。そんな声が聞こえてくることがありますが、その不調の原因は朝食にある場合が少なくありません。

食べすぎは言うまでもないですが、適度な量であっても、たとえば菓子パンなど、糖分の多い朝食を選ぶと、血糖値の急上昇と急降下による「血糖値スパイク」という事態を招きやすいのです。血糖値とは、血液中の糖分の濃度のことです。

糖分は人間が活動するためのエネルギー源になるので、摂取しないわけにはいきません。ただし、摂取の仕方に注意が必要なのです。

次ページ避けたい「血糖値スパイク」とは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT