日経平均「3回目の3万円台」に付きまとう不安

3万円定着と行きたいが「気になる指標」がある

この2万9000円台もわずか4日で通過し、2月16日の引け値3万0467円の30年半ぶりの高値を迎えることになったわけだが、この日の乖離率は前出の24.6%をさらに更新、瞬間的に26.3%まで急上昇した。

直後はご存じのとおりの調整相場入りで、一気に2万9000円を割れた。その後、NYダウの史上最高値に再び押し上げられ3月18日には一時3万0216円まで戻ったが、このときの200日移動平均乖離率も20.3%と、20%を超えていた。そしてこの直後、再度2万9000円割れとなった。

やや長くなってしまったが、乖離率20%台がいかに節目になったかがおわかりいただけたであろう。

さて、日経平均は2日の465円高のあと、シカゴの先物では一時3万円に乗せて帰ってきた。どうやら「今年3回目の3万円」に手が届くようだが、3月24日に約12.5%まで低下した乖離率は、約17.2%と20%をうかがうところまで戻っている。

現在の200日移動平均は2万5483円であるので、20%乖離は3万0579円となる。「3度目の正直での3万円定着」を祈念したいところだが、3万円超をどこまで買うべきか、かなり迷うところだ。

兜町では「200日移動平均との2桁乖離が、昨年11月6日から先週4月2日までの立ち会い日数でちょうど100日になったが、100日ほどの日柄で調整が完了したとは思えない。これから一気に上値を取ると、すぐに上方乖離20%台の展開となり、またまた高値警戒感が出る。持続的な上昇にはせめて1ケタ乖離くらいまでの調整が必要」との見方も多い。

10%乖離の位置は、今週末の200日移動平均推定値の2万5672円で計算すると、2万8239円となる。

この日経平均に対する相場感覚は、1987年のブラックマンデーから1989年の平成バブル時の高値3万8915円までにかかった時間と比較するとわかりやすい。

当時は日経平均が1.8倍になったが、かかった時間は25カ月だった。だが、今回はコロナショックの安値から30年半ぶりの高値まで同じく約1.8倍高になったが、かかった時間はわずか11カ月。これはあまりにもスピードが早すぎる。

上げすぎれば下がるのが相場だ。アメリカの経済も新たな成長の姿が見えてきたが、金融当局に引き締めの気配はない。金利もインフレ率も彼らの目から見れば「低い水準」だ。少なくとも、今は弱気になる時間軸ではない。

しかし、今の相場が当たり前と思うのもどうか。平成バブルを超す勢いで動いていることを自覚すべきだ。このスピードが「遅い」と感じる投資家は注意が必要だと思う。上がったときに先走らず、兜の緒を締めることこそ、この大相場に最後まで乗っていける投資家だと思っている。

(本記事は「会社四季報オンライン」にも掲載しています)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT