日経平均「3回目の3万円台」に付きまとう不安

3万円定着と行きたいが「気になる指標」がある

日経平均が好調なのは、アメリカの大規模経済対策によるところが大きい。どうやら「今年3回目の3万円台」となりそうだが、一抹の不安がある(写真はバイデン政権初の閣議:AP/アフロ)

3月19日の日銀金融政策決定会合での政策点検結果の「衝撃」は、決して小さくなかった。

一部ではうわさされていたこととはいえ、いざ「ETF(上場投資信託)買い入れについてはTOPIX(東証株価指数)銘柄に限定する」ことが決まると、当日の日経平均株価は急落し一時600円安となった。その後もファーストリテイリングを中心とする値がさ株の売りが続き、日経平均は3月24日までの4日連続安で約1800円の下げを記録した。

3月25日以降は、個人投資家の年度末配当取りや、ファンド筋の再投資期待の買いで同じく4日間で約1000円の戻しが起きたが、不安定な相場となっていた。

「日銀ETFショック」は乗り越えた

しかし、すでに出ていたアメリカのジョー・バイデン大統領の経済支援策(約1兆9000億ドル)に加え、「2兆ドルのインフラ投資」が発表されたが、隠し玉ともいえる半導体支援対策が打ち出されたことが大きかった。

この隠し玉に反応して半導体・ハイテク株が買われると、4月1日にはナスダックだけではなく、投資家が運用基準とするS&P500種株価指数も買われ、ついに初の4000ポイントに乗せ、史上最高値を更新した。

それを受けて2日の日本株も大幅高で引けたわけだが、注目すべきはTOPIXの上昇率0.7%に対して日経平均は1.6%だったことだ。さらに、日経平均寄与度の最も高いファーストリテイリングの上昇率は2.9%であった。前出の「日銀ETF買いがTOPIX銘柄に限定される」ということで始まった、いわゆる「日銀ETFショック」は完全に乗り越えたことになる。

次ページ日経平均は「3回目の3万円台」へ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT