緩やかなドル高シナリオに潜む「重大リスク」

ソニーFH・尾河眞樹氏に聞く今後の為替見通し

2020年3月のコロナショック時のような円急騰局面は2021年もあるのか。写真は2020年3月撮影(撮影:尾形文繁)
アメリカの長期金利上昇を受け、為替市場では2021年に入ってドルが円やユーロに対して上昇に転じている。ドル円相場は2020年12月には1ドル102円台まで円高が進んだが、足元では108~109円台で推移している。
今後の為替相場はどうなるのか、ソニーフィナンシャルホールディングスで執行役員兼金融市場調査部長チーフアナリストを務める尾河眞樹氏に聞いた。

米金利上昇がもたらしたドル高

――為替市場では2021年に入ってドル高円安に転じ、一時1ドル109円台をつけました。

アメリカで景気回復が顕著になって長期金利が上昇したことがドル高に寄与している。名目金利も上がっているが、実質金利がジワっと上がってきたことが大きい。歴史的に見ても、ドル円相場は日米の実質金利差との相関性が高い。その相関関係がコロナショックによる混乱状況の中でいったん崩れたが、この金利上昇局面で再び戻ってきた形だ。

アメリカはコロナワクチンの普及を急いでおり、最低1回接種した人が全国民の2割を超えてきている。加えてバイデン政権による大型の経済対策によって景況感がV字回復している。

FRB(連邦準備制度理事会)はインフレ率や失業率がまだ目標に達していないとして、今の緩和的政策を維持すると言っているが、市場の実質金利は上昇している。正確に言えば、日本より低いアメリカの実質金利のマイナス幅が縮んで、ドル高円安に作用している。

――今後の方向性をどうみますか。

年末に1ドル110円を予想しており、緩やかなドル高基調が続くと見ている。FRBが緩和継続の必要性を強調しても、市場は景気のV字回復で2021年1~3月期にはテーパリング(量的緩和の規模縮小)が始まると見て、出口戦略を先取りする動きを強めている。FRBが抑えようとしても長期金利は上昇しそうだ。

一方、日銀は3月19日の金融政策決定会合で緩和的政策の継続に加え、貸出促進付利制度の創設を発表した。日銀は「金融仲介機能への影響に配慮しつつ、より機動的に長短金利の引き下げを行うことが可能になる」としている。市場ではマイナス金利の深掘りはできないと見透かされていたが、インセンティブを付ければ(深掘りは)可能だと示すメッセージだった。

日銀がさらなる緩和手段を得た意味は大きい。円が高騰した時などに、それを阻止するための追加緩和が可能ということであり、極端な円高にはなりにくくなる。2021年はやや右肩上がりのドル高で推移していく可能性が高い。

次ページ2023年まで緩やかな円安に
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT