3300円「山崎蒸溜所」のネット見学はお得なのか

ウイスキー工場見学始めたサントリーの思惑

サントリーが1月下旬に始めた山崎、及び白州蒸溜所のオンライン見学ツアーには、これまで約4000人が参加しているという。写真は山崎蒸溜所にある蒸溜室(写真:サントリー提供)
この記事の画像を見る(6枚)

「本日の山崎蒸溜所の天気は快晴、青空が広がっていますが、みなさまのお住まいの地域はいかがでしょうか?」

3月のとある平日に開催された「山崎蒸溜所オンライン・ライブ」は、“ガイド”のそんなあいさつで始まった。日本ウイスキー発祥の地、サントリーの山崎蒸溜所(大阪府)を見学するツアー。コロナで休業しているリアルの蒸溜所見学ツアーに代わって、参加者はZoomのウェビナー機能を使って家にいながらにしてツアーを体験できる。

2カ月ですでに約4000人が参加

山崎蒸溜所と白州蒸溜所(山梨県)という人気ブランドのウイスキーを生む2カ所の蒸溜所を舞台にした「サントリーウイスキー リモート蒸溜所ツアー」が始まったのは、今年の1月下旬。海外からの参加は今のところ未対応ながら、オンライン・ライブの予約日には200名(2月は100名)の定員がたちまち満席になることも多く、この2カ月ですでに約4000人が参加したという。

「近年のジャパニーズウイスキーへの世界的なニーズの高まりを受け、国内外から蒸溜所へご来場の要望を多くいただいていた。だが受入人数には物理的制約があった。さらに昨年から新型コロナウイルスの影響で工場見学を休止していることを受け、ご自宅などからもウイスキー蒸溜所見学を体感できるリモートツアーを開始。ご来場いただくことが難しかったお客様との接点拡大や、サントリーウイスキーの品質価値訴求を図っていきたいと考えている」

サントリーホールディングス広報部の江部京子さんはそう話す。コロナで一時的に実施していない工場見学をオンラインで行う企画は多いが、ほとんどが無料。一方このツアーは、3300円(税込み)の参加費がかかる有料で、その代わり、テイスティング体験で使うための180mlのシングルモルトウイスキー山崎(以下、山崎)の小瓶1本と、山崎ロゴ入り特別テイスティンググラスが事前に送られてくるという「お楽しみ」がついている。

3300円は「ナビゲーターによる360°映像を使った製造工程案内や、ウイスキーやグラスなどのセミナー用ツールを使ったテイスティング、質疑応答など一連の蒸溜所体験への参加費用」(同)だという。

開始時間にZoomを指定されたURLにつなぎ、さっそく蒸溜所見学ツアーへ……と、その前に、有料のこのツアーの注目度を押し上げている、日本ウイスキーの人気について、おさらいしておこう。

次ページ人気が爆上がりしたジャパニーズウイスキー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT