パンデミック後にどのくらい在宅勤務を継続?

継続予想が最も高いインド、最低はアメリカ

世界の多くの企業は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が収束した後も従業員が在宅勤務を継続するとみている。米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズがボストン・コンサルティング・グループ(BCG)に依頼した新たな調査で明らかになった。

この調査リポートによれば、調査対象の6カ国のうち日本を除く5カ国は回答企業の過半数が柔軟なリモートワークの勤務体制を検討している。コロナ流行時のビデオ会議活用が成功したことが背景にある。従業員の多くがリモートワークを継続すると予想している企業も多数あった。

従業員の3分の1以上がコロナ収束後もリモート勤務を行うと予想した企業は米国で39%だったが、これは6カ国の中で最も低かった。最も高かったのはインドで47%。残り4カ国の日本、英国、フランス、ドイツはいずれも40%を上回った。

原題:Many Businesses See Hybrid Work Continuing After Pandemic(抜粋)

著者:Brody Ford

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT