本気で「ドラえもんを作る」20代教員の壮大計画

大企業でもベンチャーでもなく日大で研究

大澤さんのことを「天才児っぽくない天才児」と評するのは大澤研究室研究員兼RINGSスタッフの中沢剛さん(40)だ。多くのベンチャー企業のコンサルなどを務めてきた中沢さんは「『俺はできる』という感じのベンチャー経営者はたくさん見てきましたが、みんながみんなのリーダーになり、フォロワーになるという世界観はもう一つ先にある世界だな、と共感しました」と話す。「大澤さんを個人としてみると、いい奴だな、って思います」

地球上の70億人でドラえもんをつくりたい

人が人とのかかわりの中で成長していくように、大澤さんはミニドラもドラえもんへ成長させていくことを企図している。ミニドラの完成形は「ドラドラ」という言葉だけで人間と完璧なコミュニケーションを図れるようになることだ。そのロボットに「パパ」「ママ」と発話させたり、「ママ大好き」といった語彙を増やしたりするのは技術的に難しくないという。

「それって人間の赤ちゃんが言葉を獲得していく過程にぴったり重なります。僕は地球上の70億人でドラえもんをつくりたいと思っています」(大澤さん)

「ドラドラ」という単語だけでコミュニケーションできるロボットがいたら、みんな会話したいと思うだろう。そうして集まった大量のデータから言語を獲得し、ドラえもんになっていくイメージだ。みんながちょっとしたかかわりをもつことが、人間らしく振る舞うロボットの糧になる、というわけだ。

気になるのは完成時期だ。大澤さんは30年のプロジェクト期間を見込む。理想のミニドラをつくるのに10年、「大澤版ドラえもん」の完成までに20年。まずはミニドラに取り組む足場を5年で固めるつもりだ。

「失敗したら何も残らないリスキーな闘いに挑んでいます。自分だけではなく、かかわってくれる全員を幸せにしたい。そういう生き方をするための人生選択をしました」(同)

人を幸せにすることにこれほど夢中になっている人は見たことがない。そう思うと、大澤さんの顔がドラえもんに見えてきた。この人が歩いた後には、きっと道が開けている。(編集部・渡辺豪)

※AERA 2021年3月22日号

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT