ローランド総会、創業者と社長が激しい応酬

「これは乗っ取り」「いや、構造改革のためだ」

三木社長 担保、財団の今後、安定株主について分けて回答する。常若は特別目的会社。目的会社の株式が担保。最終的にはローランドと合併するのでローランド株。返済が終われば担保も外れる。

梯氏 そこまでは創業時にりそな銀行、当時の大和銀行とやったことと同じ。しかし、今回は借金が残るんです。タイヨウが一人株主、そして三木君が社長に残る。借金を抱えてスタートする。これだけの重荷を抱える。(好業績で親孝行子会社の)ローランドDGが連結から外れて、楽器(部門)が裸で勝負することになる。そのローランドは、借金を抱えたローランドになる。

MBOに反対している梯氏

私が経営していたら、これだけの借金をしたら私は眠れない。そのくらいの(金額の)借金。私が経営していた頃は自己資本比率が80~90%。私が役員から外れて十数年で、こんな状態になる。同業他社と似たような商品群で、どうしてこうなるか。

それから、松本の工場を売ってしまった。開発部隊が引っ越しで右往左往している。イタリアの会社も売った。発表当日に、イタリアの社長にクビだと通知している。合弁会社でマーケティングにすばらしい人。技術部長ら4人がクビ。営業部隊の30年働いた人をたった1300万円(の退職金)で妥結してクビにした。「こんな会社は一生働かない。こんな会社と交渉もしない」と。

(海外の)マーケットを三木君は見てきたというが、アメリカの売り上げが半減しているのはどういうわけか。イタリアのアコーディオンの工場でストが起きている。それはネットに載り、ビデオもある。工場を次々売って、大型のキャビネットのロジャースも売りに出ている。あと残っているのは中国と…。なぜ工場を売って、売り上げが増えるのかを教えてください。まずはこれの仕組み(借入金をどう返すのか)ですね。まずここから言ってください。

「個別のやり方は任せてほしい」

三木社長 借入金は常若の株式が担保。長年、無借金経営に近い形でやってきたので、今回の金額が大きいと認識している。しかし、きちんとしたキャッシュフローで返していける。そうでなければ借り入れというのは実行できないというのが実際。

それから、工場の閉鎖についてはさまざまな誤解がある。工場閉鎖は中期計画に沿ったもの。過剰設備は集約することで効率が上げられる。イタリアは9億円以上のコストダウン。ヨーロッパの工場は長年、現地工場として貢献してきたが、役割を終えた。赤字が続いていた。したがって、工場の閉鎖を判断してやらせていただいた。

個別のやり方は当然、経営陣にお任せいただきたいが、誠意を持ってディスカッションしてきたし、予期せぬような法廷闘争もなかった。最終的には個別の案件すべてで合意してサインしてもらった。

次ページ「100%タイヨウの会社になる」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT