徳川家康を今の日本へ蘇らせた物語が持つ意味

個性的・多彩な登場人物を使って描かれたこと

ぶっ飛んだ設定の教養エンターテインメント小説が訴えたいこととは?(画:安倍吉俊、『ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら』サンマーク出版)

まず、最初に白状しておくべきことがある。

『ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったら』(眞邊明人 著、サンマーク出版)というタイトルを見たとき、そして序文にざっと目を通したとき、(やや否定的な)戸惑いを感じてしまったことだ。

しかし、それは無理もない話ではないだろうか? なにしろタイトルからも想像できるように、“設定”がぶっ飛んでいるのである。

2020年の日本を模して描かれた物語

舞台は、江戸幕府の創立から420年を経た2020年の日本。すなわち他国と同様に、新型コロナのパンデミックによる多大なダメージを受けていた昨年を模して描かれた物語だということになる。

この物語上の設定となるが、台湾や韓国と違ってSARSやMERSを経験していない日本は、感染症の初期対応を誤ってしまう。それどころか政府は総理官邸でクラスターを発生させる。

新型コロナ対応の現状を鑑みると、決してありえない話ではないともいえるかもしれない。とはいえ、なかなかショッキングなオープニングではある。

いずれにしてもそれは前代未聞の事態であり、必然的に国内には政治への不信感が充満。日本は、修復不可能なほどの混乱の極みに達するのである。

しかし、本当の意味で強烈なのはこれ以降の展開だ。なにしろ序文には、こんなことが書かれているのだ。

そこで政府は、秘密裏に画策していたAIと最新ホログラム技術で偉人たちを復活させ、最強内閣を作る計画を発動させる。
そこで選出されたのは、徳川家康、織田信長、大久保利通、豊臣秀吉、徳川綱吉、足利義満など、あらゆる時代の荒波をくぐり抜けてきた錚々たるメンバーであった。
そして、総理大臣の補佐役である官房長官には、皮肉にも江戸幕府を終わらせた男、坂本龍馬が選ばれた。
(8ページより)

つまり本作は、徳川家康率いる“最強内閣”が、「コロナという予測不能な事態を収束させ、政府の信頼を取り戻す」という壮大なドラマなのである。

極論ではあるものの、「AIだから」ということにすれば、いかなる矛盾も克服できてしまうだろう。したがってツッコミどころもないとはいえないのだが、そんなことを指摘するのは野暮というもの。読み進めていくと、“その先”にあるものの実態がおぼろげに見えてくる。

いわばそこに、前代未聞というべきこの作品の存在意義があるということだ。

次ページ登場人物の多彩さ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT