(第36回)<知花くららさん・前編>ミス・ユニバースと編集者の選択で揺れる

(第36回)<知花くららさん・前編>ミス・ユニバースと編集者の選択で揺れる

今回は、2006年ミス・ユニバース・ジャパンに選出、世界大会第二位に輝き、現在はモデルをはじめ、リポーター等で多彩に活躍する知花くららさんのお話です。
 上智大学在学中、マスコミ就職を希望し、大手出版社の最終面接から内定まで、難関を切り抜け順調に進路が固まっていく中、内定企業の社長が発した「今しかできないことを!」という一言でミス・ユニバース・ジャパンに応募。内定を辞退し、本大会に臨み世界大会で二位と見事結果を出しました。こうした人生の大きな転機となったできごとや、沖縄で過ごした中学・高校生時代のことなど、お話いただきました。

●就職活動は、自分をアピールする術を学ぶよい経験。

知花くらら 大学生の頃の就職活動では、出版社をいくつも受けました。内定をいただいた出版社の最終面接では、社長が私の書類を見ながら「君、他のところはどうしたの」と尋ねてきたので、「試験で落ちました。私に向いていなかったのです。試験の問題が!」と答えました(笑)。そしたら、「君ねぇ、こっちの点数も悪いよ」と言われてしまい(笑)、「うわぁ、スミマセン」と笑ってごまかしました。就職活動って縁なんだなと。内定が決まったときは、すごく嬉しかったです。

 就職活動は、最初は手探り状態でしたが、ひとつ内定が出たとたんにつぎつぎと内定が出はじめ、そうなると自分のアピールしたいところがわかってくるのです。人前で話すことにも慣れ、緊張しながらも自分のペースに持っていく、その場をできる限り自分の色に染めてもいいのだという経験は、ミス・ユニバース本大会に出るときに大いに役立ちました。しかし、ミス・ユニバース・ジャパンに応募した後のスピーチレッスンで、「あなたの自己紹介、就活みたいね」と先生に言われちゃいましたけどね(笑)。しだいに、外見を着飾り、舞台の上に立って自分の思いを伝えるということにも慣れ、結果も出すことができ、それはやっぱり大きなターニングポイントでした。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT