フリードがシエンタより売れるようになった訳

グレード毎に異なるキャラクター設定の妙

シエンタの2列シート車「ファンベース」のシートレイアウト(写真:トヨタ)

シエンタ(3列シート車)とシエンタ ファンベース(2列シート車)にも、「グランパー」というアウトドアを意識した特別仕様車がある(いずれもガソリン車とハイブリッド車を用意)。やはり専用のフロントグリルやドアハンドル、ホイールなどを採用した仕様だ。だが、トヨタの販売ディーラーによると、グランパーは「さほど売れていない」という。トヨタの場合は、コンパクトSUVの「ヤリスクロス」や、ダイハツ「ロッキー」のOEM車「ライズ」の販売が絶好調のため、アウトドアテイストを持つモデルが欲しいユーザーはそれらを選択するのだろう。

フリードの勝因は2列シート車の健闘

両車の売れ筋は、いずれも3列シート車であることはすでに述べたが、2列シート車のフリード+も、一定数の需要はあるようだ。これもホンダ販売ディーラーの話だが、「キャンプなどのアウトドアユースで多くの荷物を積みたいとか、車中泊をしたいといった使い方が決まっている」ユーザーは、最初からフリード+を「指名買いする」という。

ちなみにフリード+は、スタンダードのフリードとリアゲート開口部のサイズが異なる。荷室高がフリードの1110mmに対し、フリード+は1255mmで、開口部地上高もフリードの480mmに対しフリード+は350mmと、より広く、低くなっているのだ。また、荷室を二分割できる「ユーティリティボード」下の収納スペースが広く、例えば車中泊をする際に、荷室に大人2人が橫になっても荷物を下のスペースに入れておくことができる。

シエンタの2列シート車ファンベースの場合は、荷室高が変えられる「デッキボード」を低い位置に設置すると荷室高1070mm、開口部地上高530mm。高い位置では荷室高985mm、開口部地上高610mmだ。こちらもリアゲートの開口部は広いが、ボード下スペースはフリード+ほど広くならない。2列シート車の使い勝手では、フリード+のほうに軍配が上がる。

以上の要素を踏まえると、フリードが2020年の販売台数でシエンタを打ち負かした要因には、「主力」の3列シート車だけでなく、「脇役」である2列シート車の健闘も大きかったといえる。フリード+は、スタンダードとあえてリヤゲートの開口部を変えるなど、より使う目的に沿った仕上がりにしたことが、一定数のユーザーに支持を受けているのだろう。また、クロスターといった今のSUVトレンドに合致したグレードがヒットしていることも大きい。フリードの勝利は、主力と脇役の各設定グレードがそれぞれ着実に売れたことによる総合力が、シエンタのそれを上回った結果ではないだろうか。

フリードの2列シート車「フリード+」のシートレイアウト(写真:ホンダ)
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT