火をつける「ライター」が発明された意外な理由

すべての「弱さ」は社会の「伸びしろ」になる

(画像:マンガ『弱さを生かせる社会をつくろう』より)
火をつける「ライター」は、もともと片腕の人でも火を起こせるように発明されたものでした。「曲がるストロー」は、寝たきりの人が手を使わなくても自力で飲み物を飲めるよう作られたものです(*諸説あり)。
それが今では障害者、健常者、関係なく広く利用されています。障害者にとって便利なものは、健常者にとっても便利だからです。
つまり、「すべての弱さは社会の伸びしろ」。ひとりが抱える「弱さ」は、世界をよくする「力」を秘めています。
マイノリティが抱える、ある意味での「弱さ」を起点に、社会を変えるアイデアを生み出し続けているのが、『マイノリティデザインー弱さを生かせる社会をつくろう』の著者、澤田智洋氏です。
同書では、自身の息子が目に障害を持って生まれてきたことからの気づきや、広告業界から福祉業界へ仕事の舞台をスライドさせた経緯などが語られています。
本稿では、同書をマンガ化したものお届けします。(作画:近藤丸)

タイプライターができた理由

次ページコピーライターになったけれど…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT