「コロナ禍で転職に成功する40、50代」の共通点

ミドル世代の求人増加も求める人材要件に変化

40~50代のミドル世代の転職、成功する決め手はなにか (写真:xiangtao/PIXTA)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う二度目の緊急事態宣言が発令されて約3カ月。30年ぶりに3万円台を回復し、株式相場が活況となる一方、実体経済は依然厳しい状況が続く。多くの業種で希望退職や早期退職の実施が相次いでいる。対象の多くが40~50代のミドル世代である。

ここ数年ミドル世代の転職市場は拡大基調であったが、今回のコロナ禍によって、どのような変化があったのかを見てみる。

40~50歳代の求人は増えているが…

まず2020年の転職市場の動向を見ていこう。ミドル世代向け転職サイト「ミドルの転職」に掲載されている求人数は、2019年比で116%と増加傾向にあった。一方で、当社における若手未経験層向けの求人数は、2019年比87%と、減少している。

コロナ禍でも、ミドル世代向けの求人は若手未経験層に比べて豊富にあるようにみえる。その理由はいくつか考えられるが、最大の要因は企業の採用目的の違いであろう。

基本的に、企業の中途社員の採用目的は「増員」か「欠員補充」のいずれかである。景気拡大の局面においては事業成長に向けて各社が積極的な人員の増強を図るため、自ずと増員目的の採用が増える傾向にある。経験者だけでは追い付かないため、若手未経験層も積極的に採用するケースが増えていく。

一方で、今回のコロナ禍のような状況のときや、景気の停滞・後退局面においては、増員目的の採用は手控える傾向にある。しかし、事業継続や組織運営のために、必要最低限の人員を確保する必要がある。その際は、自ずと即戦力を求めることが多いため、経験豊富なミドル世代の求人はそれほど落ち込まないのだ。

次ページ転職につながるケースは減少
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT