日本の代議制民主主義はアップデートが必要か

待鳥聡史さんが語る「政治家に求められる役割」

須賀:電子投票や会議のオンライン化など、新しいことを国会で試すためには、越えなくてはならないハードルがたくさんありますが、政党の機動力というのはもっと生かされるべきポイントではありますよね。

待鳥:はい。立憲民主党が2021年の党大会をバーチャルで開催することを発表していましたが、国会をいきなりバーチャルで開催することはおそらく無理でしょう。国会は統治機構の一部であり、そこでの決定は強い法的拘束力を持つために、実験的な試みにいきなりは踏み込めないのです。これに対して、政党は公的な組織なのか、私的な集まりなのかが曖昧で、そのような両義性があるからこそ、機動力が生み出されます。新たなテクノロジーを検討する場合、国会のような最終決定の場から一歩手前にある政党という場を活用することに可能性があるのではないかと考えています。

須賀:そうですね。

待鳥:デジタルなどの新しいテクノロジーを活用した熟議の場としての政党の可能性を考えるにあたって、多党制よりも政党の数が少ないメカニズム、例えば二党制のような仕組みのほうがより重要になるのではないかと思っています。多党制は、自分と意見の合う人がグループを作り、純度を高めていく方向に働きます。比例代表の選挙によって、3議席や10議席しか得られていなかったとしても、意見の同質性の高いメンバーが集まっていることに価値を置くわけですが、このようなメカニズムは、政党の外側にいる人に対しては非常に排他的ですし、内部で意見を戦わせる意味も乏しい。

また、まさに西ヨーロッパ諸国で顕在化しているように、多党制では吸い上げられない意志が政党政治の外側に膨大に残ってしまうという問題もあります。西ヨーロッパ諸国において若年層の失業率が高い理由の1つは、中高年層がある種の既得権益層になり、多党制のメカニズムの下、中高年層が支持する政党が連立政権に加わり続けることなどで、若者の利害が反映しづらいところに求められます。政治学者やジャーナリストは多党制を好ましいと見なしがちですが、多党制の下での排他性や党内論争が弱まる傾向には、もっと注意が払われてもいいと思います。

須賀:重要な論点ですね。

次ページ「二党制の仕組みを再評価すべき」
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT