日本の代議制民主主義はアップデートが必要か

待鳥聡史さんが語る「政治家に求められる役割」

待鳥:そうですね。戦後はずっと総括をやってきませんでした。総括をすると、過去の判断を否定する場面が出てくるので、昔、その計画や実施に関わった人が嫌な顔をします。出世して上のポストにいる人でも、過去のことを振り返られることをとてもネガティブに捉えますが、それは不名誉なことでもなんでもないんです。そういった雰囲気を変えていく必要があります。

須賀:グローバルに知的貢献をするという意識が、日本は官民とも薄いですよね。自分たちがやっていることは、たいしたことがないと過度に謙遜したり、グローバルで共有不可能な「日本型」などの特殊論を持ち出したりするような態度が、国際舞台における日本の存在感の低下の原因だと感じます。

須賀千鶴(すが・ちづる)/世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターの初代センター長を務める。現在は「グローバル・テクノロジー・ガバナンス・サミット(GTGS)」の準備に明け暮れる。同サミットは世界経済フォーラムが「テクノロジーの恩恵を最大化し、その力を統御する」ことをテーマに掲げた国際会議。初会合は、世界の政府、産業、市民社会、学界からステークホルダーを招聘し、2021年4月6~7日、日本をホスト国としてバーチャルで開催(撮影:間部百合) 【2021年3月15日19時08分追記】GTGSの開催方法が当初予定から一部変更になりましたので修正しました

検証は後世のためになる

待鳥:検証作業は国際公共財のベースになりますが、失敗は成功の母という古い言い回しを持ち出すまでもなく、何より後世のためになるものです。ただ、今すぐにリターンが返ってこないことに対して、ちょっと費用や時間を惜しんでしまう。

戦後の日本が短期間で復興から経済成長を成し遂げていく中で、古いものを壊し、前へ前へと進んできたために、組織の構造や予算の組み方などにもその発想が強く残っており、検証作業をする妨げになっているのだと思います。それを検証しない文化があるのだと諦めてしまうのではなく、人やお金をきちんとつけることで変えていけることだと認識しておくべきです。

現在の日本は、これまで行われてきた行政改革によって、トップに意志があればダイナミックにさまざまなことが行えるような体制になっていますから、将来への利益になることに対しても積極的に取り組む姿勢を見せてほしいと思っています。

須賀:総括はグローバルでの知的貢献になるだけでなく、苅谷剛彦・オックスフォード大学教授(本連載シリーズ第3回「日本人は過去150年の経験を生かし切れてない」2021年2月5日配信)がおっしゃっていたように、国内の議論の出発点となる、内部の参照点にもなりますよね。

待鳥:日本にしかない経験というのは非常に多くあります。例えば、少子高齢化についても、なぜこのようなことが起きたのかということをきちんと検証し、明瞭に説明することができれば、世界に対してきちんと説明すれば役に立つのですが、説明するための前提作業ができていないのが現状です。それができないと、それをベースに発信していくという次の作業を行うことができません。

須賀:発想を変えることができれば、日本はもっとグローバルで存在感を発揮できるはずですよね。本日はありがとうございました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT