台湾オードリー・タン「透明性」への驚異の信念

「討論プラットフォーム」の経緯から見えること

台湾で導入されているプラットフォーム〈vTaiwan〉。ファシリテーターを務めたオードリー・タンの隣には、法律の専門家でもあるジャクリーン・ツァイの姿がある
台湾にさまざまなイノベーションをもたらし続ける、台湾デジタル担当政務委員大臣のオードリー・タンさん。彼女のこれまでの仕事と思考について、オードリーさんへの丹念なインタビュー取材を元にいきいきと描き出した『オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと』より抜粋してご紹介します。
今回はオードリーさんが台湾の政治に直接関わるきっかけともなった討論プラットフォーム〈vTaiwan〉の経緯についてです。

 

この記事の画像を見る(11枚)

「会議は踊る、されど進まず」という言葉があるように、1つの議題に対して、立場や価値観の異なる人々が話し合い、答えを出すのはとても難しい作業だ。けれど台湾では、それをデジタル活用によって大きく前に進めることに成功している。しかも「法の改正」という、かなりヘビーな分野において。

それが、誰もがオンライン上で法案を討論できるプラットフォーム〈vTaiwan〉だ。立法院で法改正の審議に入る前、このプラットフォーム上で行政の担当者や市民、専門家といったあらゆるステークホルダーが討論し、大まかな合意に至ってから改正案の草案を作り、それを立法院に送るところまでを行う。

過去にはインターネット上での酒類販売、ライドシェアサービスUber や、民泊Airbnbの国内参入など、異なる立場の意見が飛び交い、結論が出ずにいた議論を収集し、法改正に大きく貢献してきた。

〈vTaiwan〉では、すべてのプロジェクトが以下の4つのプロセスを踏んで進められる。

議案の提議
民衆や関係者から広く意見を集める
立法院に提出するための草案を作成
立法院へ提出
〈vTaiwan〉トップページ。過去のすべての案件と現在進行中の案件の進度までが一目瞭然だ(2020年10月時点)

〈UberX〉台湾進出を例に

具体例として、ライドシェアサービスUber が台湾に進出した際、その是非について討論されたときのものを見てみよう。下記は、当時意見が集められたページである。

このスクリーンショットの記載内容は以下のとおり。

次ページ記載内容
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT