ハリウッドで横行する賞をめぐる「接待」の実態

ゴールデングローブ賞の裏側にある癒着の構造

2月28日に授賞式が迫る中、HFPAには厳しい見方が浮上するようになっている。HFPAは会員名簿を一般に公開しておらず、入会申請を受け付けることも極めてまれだ。ジャーナリストの団体であるにもかかわらず、報道機関に話をするのをおそれている会員までいる。

HFPAの実態が再び問題視されるようになったきっかけは、入会を3度断られたノルウェー人記者シャシティ・フラアが昨年起こした訴訟だ。フラアの恋人はHFPAの会員だったが、フラアはこの団体を訴えた。

ジャーナリストとして活躍している人がどちらかといえば少ないにもかかわらず、貴重なインタビュー機会を独り占めする独占体として機能している、というのだ。スタジオ関係者は票ほしさに会員にこびを売っている、と彼女は主張した。

テレビで「金の卵を産むガチョウ」に

HFPAは外部の人間から「ザ・カルテル」と呼ばれている、とフラアは語る。訴えの大半は裁判所から棄却されたが、フラアは少し前に訴えの内容を修正。同じく入会を拒否された別のジャーナリストも仲間に加えて、訴訟を続けている。

何人かの現会員と元会員はフラアが述べている事実関係は正しいと取材に語ったが、HFPAからの報復が怖いので名前は伏せて欲しい、と要望した。

HFPAが誕生したのは1940年代。ハリウッドを取材する外国人記者が結束し、映画スターの取材機会を増すのがそもそもの狙いだった。ところが、エンターテイメント関連の賞がビジネスとして急成長するに従い、HFPA会員の力は相対的に強まっていった。

ゴールデングローブ賞を「金の卵を産むガチョウ」に変えたのはテレビだ。2018年には全米ネットワークのNBCが年間6000万ドルで放映権を取得している。従来のおよそ3倍の金額だ。アカデミー賞やエミー賞は近年、数百万人という単位で視聴者を減らしているが、ゴールデングローブの視聴者数は1800万~2000万人のレンジで安定している。だからこそ、NBCは放映権に大枚をはたいた。

「これは全米ネットワークで放送される大型番組だ。そのインパクトは大きく、アカデミー賞を狙う映画関係者にとっては計り知れない価値がある」。賞の獲得請負人として広報キャンペーンを手がけるトニー・アンジェロッティは電子メールの取材にこう答えた。

次ページ古くから続く接待、抜けきらない癒着体質
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT