奥歯がない人ほど認知症になりやすい衝撃事実

1本なくなるだけでボケが始まり、ボケが進む

人間の歯は口の中に入った食べ物を噛み切り、砕き、すりつぶすためにあります。歯には、大きく分けて前歯(切歯)、糸切り歯(犬歯)、奥歯(臼歯)があり、それぞれ次のような役割があります。

・前歯(切歯)
歯列の中央にあり、おもに食べ物を噛み切ったり、ちぎったりする役割があります。また、前歯の有る無しは、顔の表情・印象を大きく左右するとともに、発音(とくにサ行の言葉をいうとき)にも大きな影響を与えます。

・糸切り歯(犬歯)
前歯と奥歯の間にある、おもに食べ物を切り裂く役割がある歯です。犬歯はほかの歯よりも歯根(歯ぐきに埋まっている歯の根元の部分)が長く、強度があるのが特徴です。これは、歯が横からの力に弱いため、歯ぎしりなどの際、上下に長い犬歯が最も触れ合うことで、前歯や奥歯に負担がかかるのを防いでいると考えられています。

・奥歯(臼歯)
歯列の奥にあり、おもに食べ物を噛み砕いたり、すりつぶしたりする役割があります。奥歯には手前側の小臼歯と奥側の大臼歯があり、小臼歯は上下左右2本ずつ、大臼歯は親知らずといわれる第三大臼歯を入れると、上下左右3本ずつ、合計12本あります。親知らずは生えてこない人もいます。

このように歯にはそれぞれに役割があり、1本失われただけでも、さまざまな不具合が生じます。なかでも、健康寿命を大きく左右するボケや転倒、生活習慣病などの予防という観点でいえば、奥歯、なかでも大臼歯の有る無しがとくに重要になってきます。

奥歯1本ないだけで「噛み砕く力が40%低下」

昔から伝わる健康法に「ひと口30回くらい噛む」というのがありますが、それは奥歯があってはじめて成り立つこと。実際、大臼歯が1本無くなっただけで、ものを噛み砕く能力が40%も低下するといわれるほどです。そのため、本記事で奥歯というときは、とくに断り書きのない場合は「大臼歯」のことを指すものとします。

大臼歯は、ほとんどの哺乳類において歯列の一番後方(人間では小臼歯の後ろ)にある
臼の形をした歯です。通常、食物を噛み砕き、すりつぶす用途で使われます。

永久歯は合わせて28本、親知らずを入れて32本ありますが、上下左右の大臼歯2本ずつ(計8本)を失うと、残りが20本となります。

予防歯科学の研究でも、20本以上歯があるとたいていのものを噛むことができ、食生活を不自由なく送れることがわかっています。

次ページ歯がない人ほど「栄養不足」になりやすい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT