奥歯がない人ほど認知症になりやすい衝撃事実

1本なくなるだけでボケが始まり、ボケが進む

そして、奥歯を失うと、先にもお伝えしたように、噛み砕く能力が大きく低下し、食べ物を細かくすりつぶすことができなくなります。ちゃんと噛まない食べ物を飲み込むことになり、結果的に消化器官に過度な負担をかけてしまうことになります。消化器官以上に深刻な影響を受けるのが「脳」です。奥歯を失うとボケやすくなります。

十数年前、ある介護老人保健施設で、認知症の方のお口の中を拝見する機会がありました。驚いたことに、多くの方はほとんど歯が無く、義歯も使っていませんでした。

どうして歯が無いままにしておくのだろう、と疑問を抱きましたが、そのときは、「認知症になったから、歯を失ったのだろう」と単純に思っていました。しかし、調査を行うと、当初の思い込みは見事にくつがえされることになります。

じつは、彼ら彼女らは認知症になったから歯が無いのではなく、「歯を失うことで認知症につながった」ということが明らかになったのです。

『ボケたくなければ「奥歯」は抜くな』(青春出版社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

私は、2010年から2012年にかけて、認知症の判定を受けていない65歳以上の高齢者4425人を対象に行った過去の追跡調査のデータ(2003年〜2006年)を使って、「歯の状態と認知症の因果関係」の分析を行いました。

きっかけは、医師・医学者であるとともに社会福祉学者でもある、この研究プロジェクトのリーダー、日本福祉大学教授の近藤克則氏(現・千葉大学教授)からの分析依頼でした。

分析をする前に、すでに私は「歯を失うと、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まる」など、体にさまざまな悪影響が及ぶことは知っていました。しかし、「歯と認知症」の因果関係については、正直なところ半信半疑でした。

しかし、分析結果は歴然で、「歯の状態と認知症」には明らかな因果関係があることがわかったのです。しかも、驚くべき強い関係をもって。私はその調査結果を、アメリカ心身医学会の雑誌「Psychosomatic Medicine」(2012年4月号)に発表しました。

その内容は、「歯(とくに奥歯)がほとんど無い人は、認知症の危険度が増す」というものでした。歯がほとんど無い人は、たいてい奥歯もありません。

奥歯がない人は「認知症リスク1.85倍」

「奥歯が無く、義歯も使用していない人」は、自分の歯が20本以上ある人よりも、年齢、健康状態、生活習慣などの影響を除いても、認知症になるリスクが1.85倍高い。

一方、「奥歯が無くても、義歯を使って奥歯でしっかり噛めている人」は、認知症リスクが1.09倍と、歯がある人とほとんど変わりませんでした。

認知症の方々に奥歯が無かったのは、認知症になって歯の手入れができなくなったからではなく、奥歯が無いために認知症になったと考えられます。

「Psychosomatic Medicine」誌にその調査結果を発表して9か月後の2013年1月、私はこの研究結果を愛知県歯科医師会の研修会で紹介しました。

さぞや歯科医師のみなさんは驚かれるのではと思っていましたが、意に反して、彼らは一様に「やはりそうだったのか」と腑に落ちたような表情を見せたのです。

というのも、大半の歯科医師たちが診療現場で、「奥歯が無くなるとボケが始まり、ボケが進む」「そんな患者さんであっても、義歯を入れると、意識がしっかりしてきて、表情も明るくなる」といった事実に日々、接していたからです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT