アップルストア表参道店の何がすごいのか?

ケヤキと見事に調和した幻想的な店舗

6月13日に表参道にオープンした日本で8番目の「Apple Store Omotesando」。華やかなオープニングを迎えたこのお店を、開店前に取材した。

今までなかったのが不思議なくらい

表参道は、東京の中でも有数のショッピングエリアだ。青山通りから明治神宮まで続く緩やかに下って再び上る街路には、緑豊かなケヤキが植えられ、その両サイドに高級ファッションブランドや、趣向を凝らした商業施設が建ち並ぶ。

画像を拡大
1Fは9メートル以上の吹き抜けの空間。ガラスがケヤキ並木をそのまま映し、緑を楽しむことができる

1本裏手に入ると、よりこだわりの強い専門店や、若々しいカルチャーを勃興させるショップ、行列を作り続ける飲食店など、話題と訪れるべき目的に事欠かない。冬になるとケヤキは電球を纏い、幻想的な空間を作り出してくれる。

そんな表参道にアップルストアがなかったことがむしろ不思議なくらいだった。明治神宮により近いところにはソフトバンクの旗艦店があり、かつてアイフォーン3G発売の際には渋谷まで届くのではないか、というほどの大行列を作った。

またアップルストアのロケーションのすぐ近くの表参道ヒルズ内にマイクロソフトが独自タブレット「サーフェス」のプロモーションスペースを期間限定で構えるなど、日本においていかにファッションとテクノロジーを融合させるか、というアイデアが試されているような場所にもなっていた。

次ページケヤキの緑に馴染む店構え
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT