アップル、「9年ぶり新店」の次は?

東京・表参道にアップルストアを新設

6月5日、アップルはかねてより準備を進めていた直営店「Apple Store,Omotesando」(渋谷区神宮前)を6月13日にオープンすると明らかにした。

新店がオープンする表参道は現在、業界が注目する場所だ。KDDIやソフトバンクのフラッグシップショップのほか、日本マイクロソフトがSurfaceのショールームを期間限定で設置したり、Googleも同様に期間限定でショールームを設置する動きもあった。

これまで、日本国内にあったアップルストアは札幌(2006年6月)、仙台(2005年12月)、銀座(2003年11月)、渋谷(2005年8月)、名古屋栄(2005年1月)、大阪心斎橋 (2004年8月)、福岡天神(2005年12月)の7店だった。9年ぶりの新設ということになる。

日本はアップルストアが少ない国

日本はもともと、極端にアップルストアが少ない。アップルのホームページに掲載されたリストを数えると、世界には米国の254店を筆頭に424店のアップルストアがある。つまり、日本の店舗数が占めるシェアはわずか1.7%だ。

では日本が重要市場ではないかといえば、まったくそうではない。日本におけるアップルの売り上げは2014年1~3月期で39億6300万ドル(アップルストアでの売り上げを除く)。アップルの全売り上げ(アップルストアを含む)456億4600万ドルのうち、8.7%を占めており、単純に考えてもっと直営店があってもおかしくない。

次ページ日本には多くのアップルショップ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。