アップル、「9年ぶり新店」の次は?

東京・表参道にアップルストアを新設

6月5日、アップルはかねてより準備を進めていた直営店「Apple Store,Omotesando」(渋谷区神宮前)を6月13日にオープンすると明らかにした。

新店がオープンする表参道は現在、業界が注目する場所だ。KDDIやソフトバンクのフラッグシップショップのほか、日本マイクロソフトがSurfaceのショールームを期間限定で設置したり、Googleも同様に期間限定でショールームを設置する動きもあった。

これまで、日本国内にあったアップルストアは札幌(2006年6月)、仙台(2005年12月)、銀座(2003年11月)、渋谷(2005年8月)、名古屋栄(2005年1月)、大阪心斎橋 (2004年8月)、福岡天神(2005年12月)の7店だった。9年ぶりの新設ということになる。

日本はアップルストアが少ない国

日本はもともと、極端にアップルストアが少ない。アップルのホームページに掲載されたリストを数えると、世界には米国の254店を筆頭に424店のアップルストアがある。つまり、日本の店舗数が占めるシェアはわずか1.7%だ。

では日本が重要市場ではないかといえば、まったくそうではない。日本におけるアップルの売り上げは2014年1~3月期で39億6300万ドル(アップルストアでの売り上げを除く)。アップルの全売り上げ(アップルストアを含む)456億4600万ドルのうち、8.7%を占めており、単純に考えてもっと直営店があってもおかしくない。

次ページ日本には多くのアップルショップ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT