アップルストア表参道の「世界初」とは?

国内8店目に込められたアップルのこだわり

6月14日、アップルストア表参道がオープンした(撮影:尾形文繁)

アップルストア表参道が、2014年6月13日午前10時にオープンした。先着5000人へのオリジナルTシャツのプレゼント、iPhoneケースをはじめとする3種類の表参道店限定商品が販売されるということもあり、開店時には1000人を超える人が並ぶという盛り上がりぶりだった。

新店舗オープンとしては9年ぶりの10秒前からのカウントダウンは、高さ9.5メートルというガラス張りの店内構造もあって、スタッフの声が大きく反響。店外にも轟くものとなった。

スタッフとハイタッチをしながら入店するシーンは、いつもの新製品発売時よりも派手な様子だ。総勢125人のアップルストア表参道のスタッフが、一丸となって来店客を迎えてみせた。

全面がガラス張り

アップルストア表参道は、東京・表参道沿いに立地している。東京メトロ千代田線のホームに直結する表参道駅A2出口を出ると目の前だ。

大きな全面ガラス張りの店舗は、外から見ても壮観である。

米アップルのダニー・トゥーザ シニアマーケットディレクターは「日本で8番目の店舗でありながら、もっとも華やかなアップルストアが、アップルストア表参道」と表現。「表参道にある、一流のデザイナーによって作られた数々の店舗に触発され、素晴らしいものを作ろうと考えた。ストアの中にいても、外の世界と一体化しているように感じ、表参道の活気と美しさを、通りを歩いているのと同じように感じ取ることができる」と、その店舗デザインに自信をみせる。

次ページガラスとスチールの階段
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。