「iPad向けOffice」登場の大きな意味

巨人が取り組む2つの変化

 本連載は、GAFAに関するトピックを1つないし複数採り上げながら、米国・シリコンバレーを中心とするIT事情を定点観測的にお伝えしていく。今回はマイクロソフト。同社は3月27日に開催したプレスイベントで、iPad・iPhone向けのビジネスアプリ「Office」を披露した。業界で進行する2つの大きな流れを、ソフト業界の巨人がどのように乗りこなすのか。
iPad・iPhone向けOfficeを発表する、マイクロソフトのサティヤ・ナデラCEO(写真:ロイター/アフロ)

Officeはどう変化するか

マイクロソフトが発表したiPad向けOffice。同時に、iPhone・アンドロイド向けのOfficeも公開している。後者は日本でもダウンロードできるが、発表の段階でiPad向けOfficeは日本のApp Storeからダウンロードすることはできない。しかし手元のiPadでは、日本語化はされており、遠くないタイミングで日本でも利用できるようになるだろう。

Officeアプリ群の中でiPad向けに提供されているアプリは、ワードプロセッサのWord、表計算のExcel、プレゼンテーションのPowerPoint、そして情報をとりまとめるOneNoteの4本だ。OneNoteは日本でもダウンロードできる。PowerPointは資料作成にも多用されていることもあり、特にiPadでは重要なアプリケーションになるだろう。

Officeは今もなお、Windowsとともに、PCのビジネス環境では標準的な文書作成アプリ群だ。日本でも、ビジネス上でPCを使う際に、ほとんどのPCにインストールされ、書類のやりとりがOffice形式のファイルで行き交う。iPadが登場した2010年以降、存在感を消していたOfficeがどのように変化していくのだろうか。

コンピューティングのトレンドの2つの変化と合わせながらみていこう。

次ページiPadユーザーに歓迎されるか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT