野球離れを防ぐ「指導者ライセンス」の深い教え 山中正竹氏に聞く日本野球の未来像(下)

印刷
A
A
野球の指導者には何が必要なのか(写真:DREAMNIKON / PIXTA)
『野球界が今になって「指導者資格」導入の危機感』に続き、日本のアマチュア野球の統括団体である全日本野球協会(BFJ)の会長を務める山中正竹氏に、U-12指導者資格の導入背景を聞いた。

昨年11月に発行されたU12ライセンスのテキストである公認野球指導者基礎Ⅰ<U-12>は、A4サイズ60ページ余りの冊子だ。特筆すべきは、技術論、指導論の前に、指導者としての心構えと、スポーツマンシップについて多くのページを割いていることだ。

テキストに書かれた「7つの提言」

アウトラインである「はじめに」に続く章では、「グッドコーチに向けた『7つの提言』」として

1 暴力やあらゆるハラスメントの根絶に全力を尽くしましょう。
2 自らの「人間力」を高めましょう。
3 常に学び続けましょう。
4 プレーヤーのことを最優先に考えましょう。
5 自立したプレーヤーを育てましょう。
6 社会に開かれたコーチングに努めましょう。
7 コーチの社会的信頼を高めましょう。

を掲げている。これは2015年に文部科学省が新しい時代にふさわしい正しいコーチングの実現に向けてまとめたものだ。これを冒頭に置いたのは、野球界ではこの考え方が十分に浸透していないからだと思われる。

U12ライセンスのテキスト

さらに次章では5ページを割いて「スポーツマンシップ」について説明している。このコラムでも紹介したが、2019年4月に行われた新潟県高野連の会合で、日本スポーツマンシップ協会の中村聡宏会長がスポーツマンシップについての講演を行っている。新潟県高野連が一時期提言して話題となった「球数制限」はスポーツマンシップの考え方に基づいているのだ。

近年、野球界でも「スポーツマンシップについて学ぶべきだ」という機運が高まっている。「スポーツマンシップ」をカリキュラムに入れた意図について、山中氏はこう語る。

次ページ海外で指摘されるスポーツマンシップの欠如
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT