ロケで事故「芸能人の労働環境」は改善できるか

フリーランスへの補償が広がる可能性は?

なお、目下、コロナ禍は引き続き予断を許さない状況で、芸能人という職種は、撮影などでの感染リスクは決して低いとは言えないでしょう。行政通達では、業務中の感染可能性が想定される場合、労災保険の対象として認定すべきとしています。ですから、コロナ対応としても、労災保険への加入は、積極的に行うべきでしょう。

最後に、今回の芸能人に労災保険が適用されたことに関連し、社会保険労務士として感じたことを補足します。

それは、働き方が多様化している現在、より多くの方が、労災保険のセーフティーネットを受けられる世の中にしていくべきだということです。

たとえば、バラエティ番組において、「バンジージャンプをする」という企画があって、万が一事故が発生した場合、まったく同じ行動をしていたのに、事故にあったのが局アナ(テレビ局に雇用される労働者)であれば労災保険が全面的に適用され、フリーランスの芸人であれば労災保険の保護を受けられない、というのは結論として不平等でしょう。それが、今回の労災保険法の改正で解消されたわけです。

フリーランスへの門戸を開く必要性

芸能界以外にも、被雇用者とフリーランスの人が実態としては近しい形で働いているのに、フリーランスで働く人に労災保険の保護が及んでいない業界は、まだまだ少なくありません。

たとえば、プログラマー・WebデザイナーなどIT系のフリーランスの人や、士業、コンサルタント、カメラマンといった専門職・技術職のフリーランスの人たちには、まだ労災保険の門戸が開かれていません。

今回の芸能人の労災保険加入解禁を機に、ほかの業界においても、フリーランスの人の労災保険の加入解禁の機運が高まっていけば幸いです。

政府も多様な働き方を推進していますが、その実現のためには、どのような働き方をしていても、万が一のときには十分な補償を受けられる「安心」が、必要不可欠なのではないでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT