子ども目線はこんなに楽しくて、厳しい!

子どもとアートから見えてくる世界

収容所での複雑な心情

宮武東洋「マンザナー収容所」シリーズより 1942~1945年 Collection:Tokyo Metropolitan Museum of Photography

次は太平洋戦争中に米国の日系人収容所で撮影された写真だ。

「日系2世の子どもたちは米国で生まれ育って、米国の市民権を持っている。それなのに、なぜ敵国の人間として収容所に入れられるのか、という悲しみがあります。その一方で、子供たちは収容所での日々を楽しんでもいました。この写真ではいかにもポーズをとっている感じだし、日本の戦時中に比べたら食料事情はずっとよかったそうです」

撮影した宮武東洋は、ロサンゼルスのリトルトーキョーにスタジオを構える売れっ子の写真家だったが、収容所に入れられることになり、こっそりレンズを持ち込んだ。収容所にいた大工さんにカメラを作ってもらったという。

「記録を残さなくてはという使命感に燃えて、ひそかに収容所内を撮影していました。そのうち写真好きの所長が理解者となり、収容される身でいながら、公式カメラマンとして生き生きとした写真をたくさん残しています」

日系2世の中には、米国への忠誠を示そうと、志願兵になる人もいた。

「展覧会のタイトルにしたゴー・ビトゥイーンズとは、米国に移住して英語が話せない親の通訳となり、橋渡しをした子どもたちのこと。子どもたちは両者をつなぐ存在であると同時に、日系2世のように、社会の板挟みにもなったのです」

次ページ在日コリアンの声
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT