ソフトバンクGが反発する「勝手格付け」の是非

ムーディーズの情報発信に対し繰り返し批判

ムーディーズの広報担当者は勝手格付けを続ける理由について、「(ムーディーズの規定方針に基づいて)当社は非依頼ベースで信用格付けを付与または継続することを選択できる。その理由として、非依頼信用格付けが市場参加者に有益な情報を提供すること、債券あるいは債券類似の証券の発行総額が大きいこと、などがある」と述べるにとどめた。

そんな状況の中、SBGは1年超ぶりに社債発行を再開した。同社は2月4日、機関投資家向けの公募劣後特約付き社債(ハイブリッド社債)を発行。公募社債は2019年9月以来だ。投資家の需要が高く、発行総額は当初予定していた1000億円程度を上回る1770億円となった。SBGの機関投資家向け社債としては過去最大規模になる。

ムーディーズの評価に関する質問なし

今回の起債による調達資金は、2016年9月に発行したハイブリッド社債の期限前償還に充てる方針だ。SBGは2021年度に任意の期限前償還分も含め、最大で1兆2216億円の社債償還を予定する。ここ数年の中でも高い水準だ。SBGは今回の起債におけるムーディーズの格付けの影響について、「影響はない。投資家からS&Pの格付けについては多くの質問を受けたが、ムーディーズの信用力評価に質問はなかった」(広報)としている。

今回は国内向けの社債のため、格付けは日本格付研究所から「BBB」を取得している。ただムーディーズの勝手格付けを参考にする投資家が一定数いる以上、今後の資金調達に影響がないとは限らない。勝手格付けを「合理的な根拠のない見解」とするSBGに対し、「市場参加者に有益な情報を提供する」といって発信を続けるムーディーズ。両社の“攻防”はまだまだ続きそうだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT