夢も目標もない若者を変えた「ある趣味」の正体

「レールから外れる人生」を恐れなくなった理由

フリーエンジニアの丹治俊樹(33)さんが「レールから外れる生き方」を恐れなくなった理由とは?(写真:筆者撮影)

フリーエンジニアの丹治俊樹(33)さんは、全国各地の博物館、歓楽街、戦跡、宗教施設、飲食店などを訪れ、自身のブログ「知の冒険」に記録を残し続けている。各スポットの歴史的・地理的背景や関係者の証言まで書かれており、読み応えと学び要素のあるブログだ。

仕事以外の時間はすべて取材とブログに没頭する日々を送り、今年の夏ごろには全国の博物館を紹介する本の出版を予定。意欲的な活動を行う丹治さんだが、元々は夢もやりたいこともなく「没頭できる何か」を探しながらも、漫然とした日々を送っていたという。

そんな丹治さんが、どのように夢中になれることを見つけ、のめりこんでいったのか? 今までの道のりを伺った。

人の輪に入るのが苦手だった少年時代

神奈川県横浜市に生まれた丹治さん、子どもの頃は人と話すのが得意ではなく、集団にいるのが苦手だったという。

「幼稚園には意地悪な女の子がいて、その子に会いたくなくて『行ってきます』と家を出て玄関の横に潜んでいたりしました。結局親に見つかって『何やっているの!』と幼稚園に連れていかれましたが……」

高校時代は、学校が終わると家に帰ってドラマの再放送を見るか、ゲームセンターに通う日々だった。知らない場所に行くのは好きで、勉強の合間の息抜きに、自転車で気の向くままに行けるところまで走ってみたりしていた。

浪人時代は「さすがに勉強しないとまずい」と焦り、猛勉強して早稲田大学教育学部理学科へ進学。スキーサークル、バイトとそれなりに楽しい学生生活を送ったが、何かに夢中になることはなかった。

「バイトも授業もないときは、家でずっと寝て、テレビを見て、みたいな感じでした。授業はさぼったりしつつ、最低限単位をとっていました」

次ページ丹治さんの意識を変えた「ある出来事」
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT